転職エージェントとの面談で着るべき服装を解説|もう失敗しない!

転職エージェントとの面談における服装
  • 転職エージェントとの面談はスーツの方がいいの?
  • 面談までに準備する必要のあるものって?
  • 服装以外に注意した方がいいこととは?

といった転職エージェントとの面談前のお悩みを解決する記事になっています。

この記事は転職エージェントとの面談時における服装の注意点を中心として、面談で気を付けるべき点が網羅されています。

記事の前半では、「面談の際に着るべき服装」について紹介し、記事の後半では、「服装以外にも気を付けるべき重要なポイント」を解説します。

この記事を読み終えることで、転職エージェントとの面談でのマナーを守ることができるようになり、今後の転職エージェントとの転職活動をスムーズに進めることができるようになります。

転職エージェントとの面談でスーツは必須?

転職エージェントとの面談では、エージェントから指定がない限り、スーツは必須ではありません

服装は最低限のマナーとして重要なポイントですが、転職エージェントに自身のキャリアの情報を提供する方が重要です
服装以外に事前準備するべき重要なポイントは後半の記事で紹介します。

オフィスカジュアルが無難

スーツは必須ではありませんが、崩れすぎない服装であれば問題ありません。
どの転職エージェントでもオフィスカジュアルで十分といえます。

オフィスカジュアルで無難な服装は、「ジャケット&パンツ」や「シャツ&パンツ」です。
ジャケットを羽織り、細身のパンツであれば、転職エージェントの担当者へも好印象を与えられます。

派手すぎる色味の服装にはご注意ください。

基本は私服でOK

オフィスカジュアルでなくても、指定がない限り、基本は私服で問題ないです。

ただし、担当者によっては悪い印象を与えかねないので、ビジネスマンとして必要最低限の服装で面談にいきましょう。

担当者によっては、服装にもビジネスマンとしての仕事ぶりが現れるように捉える担当者もいるため、注意しましょう。

面談までの準備物は?

今後の転職エージェントとの転職活動をスムーズに進めるために、以下の3点は面談前に準備しておきましょう。

  1. 履歴書、職務経歴書
  2. メールで希望する求人の条件を伝える
  3. カバンは自由

準備をしておけば、エージェントの担当者へ転職意向が高いことを示すことができ、自分に合った求人の提案や選考のサポートを丁寧にしてくれる可能性も高まります。

履歴書、職務経歴書

これまでの転職活動で活用したものがあれば、それを活用しましょう。

履歴書や職務経歴書の充実度合いが高ければ、エージェントの担当者は自分に合った仕事を提案しやすくなります

当日の面談では、より詳細な情報をヒアリングできるため、エージェントからの求人紹介のマッチング率は高まるでしょう。

メールで希望する求人の条件を伝える

職務経歴書でこれまでのキャリアを理解してもらうことに加えて、転職先の詳細な希望条件を伝えることでより具体的な求人の提案をしてくれます

希望の条件は、年収や働く時間、休日日数、福利厚生、勤務地などです。
自身の生活レベルに合う条件やどれだけ生活レベルを上げていきたいかを考えて決めましょう。

もし余裕があれば、事前に転職エージェントに希望条件を伝えておきましょう。
当日詳細な求人の提案をいただけるようになります。

カバンは自由

カバンは荷物が入る程度であれば問題ありません。

トートバッグやリュック、ブリーフケース、ショルダーバッグなど、基本どの種類のカバンでも問題ないです。

服装と同じように色味が派手な物にはご注意ください

転職エージェントとの面談内容とは?

転職エージェントとの面談内容を事前に把握しておけば、今後の転職活動の進め方をより詳細にすり合わせることができます

転職エージェントの担当者から主に質問されることを把握し、その質問に答えられる準備をしておきましょう。

  1. これまでの経歴
  2. 転職理由
  3. 希望の転職先や条件(業職種、企業規模、年収、勤務地など)
  4. 選考状況
  5. 転職活動中に気づいた新たな希望条件
  6. 転職活動での悩み

1〜3までの項目を整理した上で、これまでの経歴と次の転職先に求める希望条件に一貫性があるか確認しておきましょう。

現職で満足・不満に思ったこと/楽しかったこと・辛かったことから転職理由を言語化し、希望条件と関連したものになっているかを吟味してください。

そして、4〜5の項目を整理することで、これまでの転職活動を通じて気づいた、転職先への好き嫌いがわかってきます。

6の項目は、希望する求人条件ややりたい仕事の再検討、選考対策など、今後の転職活動で転職エージェントに求めたいサポート内容を整理できます。

6つの項目を十分に考えてから、面談することができれば、具体的な求人の提案や今後の転職活動における進め方をより具体的にできるようになります。

服装以外に気を付けることとは?

服装以上に重要なポイントを抑えておきましょう。
面談当日までに以下の3点を抑えておくことで、転職エージェントから自分の希望に沿った転職先を提案される可能性が高まります

  1. これまでのキャリアを率直に伝える
  2. 転職理由を伝える
  3. 希望の転職条件を伝える

自身の転職に関連する情報を十分に与えることが重要なのです。

これまでのキャリアを率直に伝える

これまでのキャリアを率直に伝えることで、「何を経験してきたか」「何を生かせるのか」を明確にすることができます。

生かせることが明確になれば、選考の際のアピールポイントになり得ます。
これまでのキャリアを以下の観点で伝えましょう。

  • 最も成果を出せたといえる経験
  • 挫折して乗り越えた経験
  • やりがいを持って取り組めた仕事
  • 不満を感じた経験

4つのポイントを整理することができれば、面接でのアピールポイントに加え、やりたい仕事の軸が明確になります

転職理由を伝える

これまでのキャリアを整理できれば、転職理由も明確になってきます。

やりがいを持って取り組んだ仕事と不満を感じた経験から、自身が職場に求める要素がいくつか出てくるはずです。

「とにかく年収を上げたい」「社会に役立つ仕事がしたい」「辛くても成長できる仕事をしたい」など、人によって様々な転職理由があります。

転職理由は一つだけではありませんが、自身の転職先を決める軸となる理由は転職活動中はずらさないように注意しましょう

希望の転職条件を伝える

自分が納得できる転職理由を見つけられれば、転職先の希望条件も明確になります。

転職理由から具体的な仕事内容や業界、職種、年収、企業規模、勤務地、企業文化などに落とし込みましょう。

転職エージェントに、より具体的な希望条件を伝えることで、自身に合った求人を提案してくれるようになります。

本格的に転職活動する前は希望条件を無理に絞る必要はないので、自身が率直に希望する条件を伝えましょう

まとめ

転職エージェントとの面談では、基本私服でも問題ありません。
ただし、好印象を与えるために、オフィスカジュアルの服装がおすすめです。
指定がない限りは、スーツでなくてもかまいません。

服装以上に重要なポイントは、自身の次の転職先の希望条件を明確にしておくことです。
面談当日、希望条件をお伝えできるように以下の点を準備しておきましょう。

  1. これまでのキャリアを率直に伝える
  2. 転職理由を伝える
  3. 希望の転職条件を伝える

面談当日までに以下の3点を抑えておくことで、転職エージェントから自分の希望に沿った転職先を提案される可能性が高まり、理想の転職先を見つける第一歩となるでしょう。