転職したいけどスキルがない方でも転職するコツを解説!

転職したいけどスキルがない
  • 転職するにはスキルは絶対必要?
  • スキルがなくても転職できる方法とは?

といったスキルがないと感じる方の転職へのお悩みを解決する記事になっています。

20代から30代前半の方へインタビューを行い、「スキルがない」と感じてから、どのように転職成功したのかという話を中心にまとめています。

記事の前半では、「転職に必要なスキル」を解説し、記事の後半では、「スキルがなくても転職する方法」を解説します。

この記事を読み終えることで、スキルがないと感じる方でも、転職活動を優位に進められるコツがわかります

そもそも転職にスキルは必要?

スキルは必ず必須というわけではありません。
20代での採用は、ポテンシャルを見越した上での採用が多いといわれています。

企業は20代に高度なスキルを要求したとしても、社内の経験者よりスキルがあることの方が少ないのです。

20代の採用に対しては、今後成長する可能性があればある人ほど、採用されやすいのです。

一方、30代以上になると、育成コストをかけられる20代とは異なり、ポテンシャルよりもスキル重視の採用になることが多いです。

未経験でも転職しやすい業種とは

業種によっては、20代であってもスキルが要求される場合もあります。

専門知識が必要とされる業界もあれば、業職種は専門知識が不要か、入社後でも即席で身につけられる業界もあります。

未経験でも転職しやすい業種
  • IT業界
  • 専門商社
  • サービス業
  • 製造業界
  • 建築業界

上記の中でもおすすめな業種は、IT業界・専門商社・サービス業です。

この3つの業界は、業界知識よりもコミュニケーションスキルが重視されます。
これまでのキャリアで、クライアントとの折衝した経験や社内営業の経験があれば、スキルがあると言えるのです。

IT業界は知識が必要なイメージもありますが、常に必要な知識が移り変わるため、入社後に知識をインプットすることが重要になります。

未経験でも転職しやすい職種とは

以下の職種は、専門知識がなくても転職可能です。

これらの職種は、業界に特化した専門知識を必要としないため、入社後に身に付けることができれば十分活躍できる職種です。

未経験でも転職しやすい職種
  • 営業/営業アシスタント
  • 販売員
  • 事務
  • ITエンジニア(プログラマー)
  • コンサルタント

転職におすすめな職種は、営業/営業アシスタント・販売員・事務です。
問題解決のスキルやコミュニケーションスキルが重要視される職業ですが、これまでのキャリアで培った経験やスキルが生かせる職業です。

ITエンジニアではプログラミングの知識が、コンサルタントでは営業よりも高い問題解決力が必要になりますが、多少の知識やスキルがある方にとってはおすすめの職種です。

どんなスキルが必要?

仕事で活用されるスキルの種類には2種類あります。
活躍できるスキルに最も重要なスキルは、ポータブルスキルです。

  1. 専門スキル
  2. ポータブルスキル

専門スキルは、その業界や職種に特化されたスキルのことです。
特定の領域内で使用することはできますが、業界外や職業外では活用しにくいスキルとなります。

一方、ポータブルスキルは、問題解決力やコミュニケーションスキル、学習能力など、どの仕事でも活用できるスキルのことを言います。
どんな専門的な仕事でも、ポータブルスキルがないとビジネスでは活躍できません。

ポータブルスキルが必須

ポータブルスキルは仕事をやっていれば、誰しも保有しているスキルです。
ポータブルスキルの例を紹介します。

  • 問題解決力
  • コミュニケーションスキル
  • 学習力
  • 自主性
  • リーダーシップ
  • 徹底力

上記は一例ですが、どの仕事でも活用できるスキルであれば、ポータブルスキルなのです。

これまでのキャリアで自身がどんなポータブルスキルを保有しているか言語化してみてください。

専門知識は転職先で付けるべし

ポータブルスキルはこれまでのキャリアで身についていますが、専門知識は一長一短で身に付くものではありません

専門知識を持っている方はそれだけ企業から重宝される存在になり得るということです。

ただし、短期間で専門知識を身につけて転職するよりも、ポータブルスキルをアピールして転職し、転職先で専門知識を身につけた方が中長期的に「スキルのある人材」であると評価されやすいでしょう。

短期間で身につけた専門知識レベルでは、社内ですでに在籍している社員の方が勝っているため、高い評価を受けることが可能とは言い切れません。

スキルがなくても転職するには?

スキルが不足していると感じる方には、第三者に相談すること・転職しやすいタイミングを逃さない・うまくアピールすることを意識しましょう。

具体的には以下の3つのコツを実践することで、スキルがなくても転職できる可能性が高まります。

  1. まずは転職エージェントに相談する
  2. 20代の転職は大きなチャンス
  3. ポータブルスキルをアピールする

まずは転職エージェントに相談する

第三者である転職エージェントに相談することで、自身の転職への可能性を客観的に評価してくれます

「スキルがない」と感じている方や「〇〇の業界・職種には転職できそうにない」と思っている方であっても、自身では見つけられないアピールポイントを見出してくれたり、思わぬ求人を提案してくれる可能性があります。

転職エージェントでは、やりたい仕事や転職先の希望条件に関する相談だけでなく、中長期的なキャリアや選考対策など、転職活動全般のお悩みを相談可能です。

20代の転職は大きなチャンス

スキルがない未経験転職の場合、20代が最も転職しやすいです。

20代は企業にとってポテンシャル重視の採用となるためです。
スキルがなくても、今後「売上に貢献してくれる」人材と判断されれば、採用される可能性は高いです。

専門スキルを身につけられるように、企業は育成コストを投資してくれるため、20代で転職することで高い専門スキルも身に付けることができます。

ポータブルスキルをアピールする

どの仕事でも活用できる、自分ならではのポータブルスキルを見つけましょう。

ポータブルスキルを見つけるには、以下のような経験とともにアピールできれば、より企業から評価を受けやすいでしょう。

  • 挫折から乗り越えた経験
  • 大きなプロジェクトに関わった経験
  • 工夫して新しい価値を生み出した経験

など、自身の人間性や仕事に対するスタンスを伝えられる経験を振り返ってみましょう。

自身をアピールできる経験が見つかれば、自ずとポータブルスキルが言語化できるはずです。

まとめ

専門的なスキルは必須ではありませんが、どの仕事でも活用できるポータブルスキルを明確にしておくことが重要です。

ポータブルスキルとともに、自身の人間性や仕事に対するスタンスを表す経験を伝えることができれば、転職する専門スキルがなくても、転職できる可能性は高まるでしょう。

スキルがなくても転職するには、以下の3つを意識してみてください。

  1. まずは転職エージェントに相談する
  2. 20代の転職は大きなチャンス
  3. ポータブルスキルをアピールする

この3つをまずは実践することで、スキルがないと思っていた方でも、魅力ある転職先に出会うことができ、自身を今までよりアピールできるようになります