アクセンチュアへの転職で失敗するパターンとは?成功の秘訣を解説!

アクセンチュアへの転職で失敗
アクセンチュアへの転職に不安をお持ちの方のお悩みを解決する記事になっています。
こんなお悩み/疑問をお持ちの方に!
  • アクセンチュアへの転職は失敗しがち?
  • アクセンチュアへの転職に向いている人は?
  • アクセンチュアへの転職で後悔しないために、どんな対策をしておけばいいの?
  • アクセンチュアに実際に転職する方法とは?

この記事を読み終えることで、アクセンチュアに転職して失敗しがちなパターンがわかり、アクセンチュアへの転職活動で注意するべきポイントが一通りわかります。

アクセンチュアへの転職を考えている方には、転職難易度や面接を突破する方法などをご紹介し、具体的にアクセンチュアへ転職する方法がわかります。

現役エージェントの知見をもとに、アクセンチュアへの転職について徹底的に解説していきます。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

Contents

アクセンチュアに転職して失敗するパターンは?

他のコンサルティングファームと比べて、アクセンチュアならではの特徴があるため、向いている人と向いていない人がいます。

実際にアクセンチュアに転職した方からお聞きした声をもとに、失敗しがちなパターンをご紹介します。

自身がそのパターンに当てはまりそうか否かを考えながら、読んでみてください。

ITコンサルのプロジェクトが多い

  • アクセンチュアには元々ITソリューションで課題解決するイメージが強く、思っていた以上に業務課題レベルの課題解決が多かった。
    (26歳・女性)
  • IT化がどの企業でも推進されているため、年々システム基盤の構築やITサービスのプロジェクトに関するプロジェクトが多くなってきた。戦略コンサルや経営コンサルはITコンサルと協同で解決していくケースが多い。
    (29歳・男性)

アクセンチュアでのプロジェクトが思っていたイメージと異なっていたことで、失敗するパターンがあります。

アクセンチュアの強みは課題の調査からサービスのデリバリーまでを一貫してできるところに強みがあります

外資系のコンサルであることもあり、戦略コンサルの役割もありますが、ITコンサルや経営コンサルが主といえます。

特にアクセンチュアではテクノロジーに長けたコンサルタントが他社よりも圧倒的に多いことが特徴です。

戦略コンサルの業務は少ない

アクセンチュアの業務は、戦略寄りのプロジェクトが多いというイメージを抱いている方は、転職に失敗する可能性があります。

企業の経営課題や大幅な企業変革のような、経営上の上流工程の戦略に関わるコンサルタントを戦略コンサルタントといいます

戦略コンサルタントは外資系の戦略コンサルティングファームであるマッキンゼーやボストンコンサルティングなどが担うことが多いです。

アクセンチュアは外資系でありますが、総合系コンサルティングファームの企業群に入ります
そのため、戦略コンサルタントを担える人材は、アクセンチュアの中でも優秀な一部の人材です。

給与が上がりにくい

  • アクセンチュアの給与体系は年俸制のため、1年に1回しか上がるタイミングがない。途中で成果を出しても、1年間は年収が上がらないので、少し不満を感じることもあった。
    (26歳・男性)
  • 正直、昇進しないと大幅な年収アップは見込めないなと感じた。優秀な社員が多く、昇進する難易度は高かった。しかし、ベース給与がそもそも高いので、職種自体を変えて年収アップを目的とした転職先はぴったりなのではないかと思っている。
    (27歳・男性)

といった声の通り、給与が上がりにくいようです。

アクセンチュアの職位は、アナリスト<コンサルタント<マネージャー<シニアマネージャー<パートナーと上がっていき、一つの職位が上がると200万円程度増えます

しかし、職位が上がらなければ、年収の上げ幅は100~200万程度が限度です。アクセンチュアは年俸制でもあるため、年収を短期で上げたい方にはあまり向かないかもしれません。

入社後は雑用的な仕事が多い

入社後は基本の研修が終わり次第、配属されます。
配属後はプロジェクトの主要メンバーとしてアサインされることは多くなく、まずはデータをまとめたり、資料を作成するなど、コンサルタントになるために必要な基礎を身に付けていきます。

コンサルタントになるためには、重要な業務ではありますが、前職で企画や提案の仕事をされていた方にとっては退屈に感じる方も多いかもしれません。

ITコンサルタントも、システムの要件定義などの上流工程から着手するよりも、システムの設計をしたり、プログラミングを実際に行う方も多いです

希望先への異動はしづらい

  • 戦略コンサルを志望していたが、これまでのキャリアにおけるIT領域での成果が評価され、人事から経営コンサルかITコンサルを勧められた。
    (27歳・男性)
  • メーカーでの経験や知見を高く見出され、経営コンサルタントになることができた。途中で戦略コンサルを目指したが、トップ戦略コンサルティングファーム出身の方が多く、コンサルでのキャリアを積む必要があった。
    (29歳・男性)

基本的には、適性を見られた上で各職種にアサインされます。

これまでの専門知識やロジカルスキル、志向性で判断されますが、希望の職種や部署へ異動する際には、「活躍できるスキルがあるかどうか」を一番気にされます。

志向性は参考程度にしか見られないため、一度アサインされた仕事での成果の積み重ねが高い評価を得るために非常に重要です。

ITスキルが高い人材で経営コンサルを志望したとしても、相当するスキルがなければ、ITコンサルに就く可能性が高いのです。

アクセンチュアに転職してよかったことは?

アクセンチュアへの転職で「失敗した」という声がある一方、アクセンチュアでの環境や仕事を好み、「転職してよかった」という声も多数あります。

失敗したという声に反して、転職してよかった理由を4つご紹介します。

  • ITコンサルとしての市場価値が高くなる
  • 未経験からコンサルの仕事に就ける
  • 20代平均の年収より高い
  • 研修やサポート制度が充実

アクセンチュアに転職した方から聞く声なので、転職してよかったパターンを知っておけば、自身がアクセンチュアでの仕事を好めるかどうかがわかります。

アクセンチュアの強みはクライアントの課題に対して、IT関連の実行支援までを一貫してサポートできるところにあります。
テクノロジーの課題に対する熟練度が増すため、ITコンサルとしての地位は非常に高くなります。

外資系特有の文化もあり、成果を出せる人へのアサインは柔軟に行うので、コンサル未経験でもこれまでの専門知識を生かし、コンサルへの転職が可能になります。

そして、アクセンチュアの保有するプロジェクトは大規模なものも多く、それだけ難易度が高いため、他の職種よりも比較的年収が高いです。獲得した人材が活躍できるように、他のコンサルティングファームよりも研修やサポートが充実していることも特徴的です。

アクセンチュアに向いている人とは?

アクセンチュアに転職して失敗した・転職してよかったという声から、アクセンチュアに向いている人は以下の要素を満たした人といえそうです。

  1. 20代で高いスキルや給与を得たい方
  2. これまでの専門知識をコンサルに生かしたい方
  3. 経営/ITコンサル〜戦略コンサルまで幅広く経験したい方
  4. 実行支援やデリバリーまで支援したい方

4つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、アクセンチュアに向いている人といえるでしょう。

自身の嗜好や今後歩みたいキャリアを照らし合わせてみてください。
コンサルが未経験でも、今後、最先端のコンサルティングに取り組みたい方や経営視点での仕事に関わっていきたい方、クライアントの課題解決を最後まで行っていきたい方などは4つの要素を満たす方といえます。

アクセンチュアへの転職難易度は高い

アクセンチュアの転職難易度はとても高いです。
グローバルで活躍できる人材や専門スキルが高い人材など、即戦力の人材を多く採用していることからも、転職難易度が高いといえます。

しかし、職種によっては転職エージェントを使うことでアクセンチュアへ転職できる可能性が高まります。
アクセンチュアへ転職可能な職種をいくつかご紹介します。

ビジネス系

アクセンチュアでビジネス系で頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • 経理財務
  • 法務
  • 購買部
  • マーケティング
  • 総務

管理部門の職種がほとんどで、コンサルタント事業部を支えるバックオフィスの役割として、転職するチャンスが広がっています。

アクセンチュアでは、年間かなりの数の採用を行っており、転職エージェントに採用を依頼していることがほとんどです。

転職エージェントでしか見ることのできない「非公開求人」が多数掲載されている、大手の転職エージェントへの登録がおすすめです。

以下に多数の非公開求人が掲載されている大手の転職エージェントを紹介するので、ぜひ登録してみてください。

【厳選】アクセンチュア ビジネス系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
転職者の8割が利用

マイナビエージェント

20代・第二新卒向けの非公開求人が多数
20代〜30代前半の転職サポートに強み

エンジニア・コンサルタント系

ビジネス系以上にかなりの数が募集されているのが、エンジニア・コンサルタント系の求人です。
頻繁に募集されている求人は以下の通りです。

  • テクノロジー/システムコンサルタント
  • ソフトウェアエンジニア
  • マネジメントコンサルタント
  • オペレーションコンサルタント
  • アナリスト
  • セキュリティコンサルタント

ソフトウェアやITサービスのシステム開発、ITコンサルタント、システム営業の経験がある方には、転職するチャンスが非常に広がっています。

エンジニア系への転職には、エンジニアの転職成功事例が多い転職エージェントの活用がおすすめです。
マイナビIT AGENTは、IT・WEBエンジニアの求人が多く、エンジニア系の職種に関する知見を持つコンサルタントが多いため、あなたの強みを引き出してくれます。

一方で、コンサルタント系への転職には、コンサルティング業界に強みを持つ転職エージェントがおすすめです。
JACリクルートメントは、コンサルティング業界や外資系求人のような高年収の転職実績が豊富です。

以下の転職エージェントを活用することで、一般のエージェントよりもエンジニア・コンサルタント系の転職で成功する確率が格段に上がります。

【厳選】アクセンチュア エンジニア系の転職におすすめ!
転職エージェント名 特長
マイナビIT AGENT

コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
IT・WEBエンジニアの求人多数

JACリクルートメント

専門職への転職サポートに強み
業界・職種別のコンサルタントがサポート

選考難易度の高いアクセンチュアを突破するには?

認知度の高い人気企業のため、アクセンチュアへの転職難易度は高いといえます。

アクセンチュアへの転職までには、いくつかステップがあり、特に面接の難易度が高いです。
実際にアクセンチュアに転職活動した方の口コミや評判をもとに、選考内容やその対策を解説します。

アクセンチュアに転職する際は、業務経験やアピールができるように十分対策していきましょう。

選考内容

アクセンチュアにおける中途採用の内定までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類選考
  2. 1次面接/ケース面接:現場社員
  3. 2次面接:現場社員の部長クラス
  4. 内定

場合によっては、ケース面接が行われることや現場社員との面接を複数回実施するケースもしばしばあるようです。

アクセンチュアの書類選考と面接は十分対策しておきましょう。

アクセンチュアの選考に対する口コミ・評判

・一次面接ではケース面接があると聞いていたため、十分に対策することで突破することができた。最終面接ではケースはないと聞いていたが、上記のようなケース問題に即した形式の質問があったため、咄嗟に質問されても口頭ベースで答えられるよう用意しておいた方が良い。
(20代後半、経営コンサルタント、男性)
・異業種からの転職の場合はなぜコンサルティングなのか。なぜアクセンチュアなのか。論理的に説明する必要があると思う。その業種でキャリアを積んだ方が良いのでは? といった、質問に対する回答を事前に用意しておかないと現場レベルの担当面接を超えることすら難しいと思います。
(30代前半、経営コンサルタント、男性)
・中途採用がとても多いので、まずはポジションと一致する経験とスキルがあって応募すべき。管理陣も多くの候補者を面接しているためかなり手慣れている。長い説明より簡潔にまとまった回答を好む傾向があるので、自身の売り込みポイントをしっかり用意したほうがいい。
(30代前半、エンジニア、男性)

面接内容はオーソドックスは質問が多いようですが、端的かつ論理的に回答することが重要です。

面接では、志望理由が明確であることと、アクセンチュアにどう貢献できるかをうまくアピールできることが非常に重要です。

自身が自信を持って答えられるように、自己分析や企業分析は十分に行っておきましょう。
(引用:キャリコネ)

面接突破対策

アクセンチュアへの転職難易度が高い理由の一つが、面接難易度が高いことにあります。

面接では、オーソドックスな質問が中心です。

アクセンチュアに転職活動した方からの口コミ・評判をもとに、面接でよく聞かれるオーソドックスな質問をご紹介します。

  • 今までの経験をどう生かしたいか。
  • なぜアクセンチュアに転職したいのか
  • アクセンチュアが今後改善できそうな部分はどこか
  • アクセンチュアにどう貢献できそうか
  • 将来やりたいことは何か
  • アクセンチュアで具体的にやりたいことは何か
  • これまで仕事で乗り越えた経験や失敗、その経緯

以上の質問は、「アクセンチュアに本当に転職したいかどうか」、「仕事で活躍できる人間性かどうか」、「自分の今後のビジョンとアクセンチュアが求める人材がマッチするか」を聞く質問です。

面接を突破するには、アクセンチュアの企業分析を十分に行っておきましょう。
アクセンチュアへ転職したい理由の説得力の高さにつながります。

どの質問に対しても、仕事に対する価値観・自身のスキルや実績・アクセンチュアへの志望理由につなげることで、自分自身をアピールできれば、面接難易度の高いアクセンチュアに転職できる可能性が高まります

選考対策を自分だけで行うことに不安が大きい方には、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントはコンサルティングファームへの多くの転職成功例をもとに、書類選考対策から面接対策まで幅広く行ってくれるので、企業HPから応募するよりも選考通過率が格段に高まります。

選考を通過できるか心配な方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】コンサルティングファームの転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

転職支援実績No.1
幅広い業界・職種の転職成功事例・選考対策事例が多数

JACリクルートメント

コンサルタントの質No.1
業界・職種別のコンサルタントがサポート

アクセンチュアへ転職する方の転職元・転職先は?

アクセンチュアへ転職されている方や退職後の転職先の傾向についてまとめました。

アクセンチュアへ転職する際に、転職元の企業や業界で評価されやすい企業を紹介します。
自分がアクセンチュアへ転職できる可能性があるか確認してみてください。

転職元の例
  • 富士通、NECなどの大手ITベンダー
  • PwC、アビームなどの外資系ITコンサルティングファーム
  • 大手SIer
  • 大手メーカー
  • 大手IT企業

特にITベンダーやITコンサルで働いていた方は、スキルが高いことや専門知識に長けているため、アクセンチュアに転職しやすいようです。
また、ITベンダーやコンサルで働いた経験がなくとも、大手SIerやメーカーで、SEもしくは営業として働いた経験がある方は転職しやすくなります。

次に、アクセンチュアから退職した後の転職先をご紹介します。
自分がアクセンチュアからどんなキャリアを歩めるか確認してみてください。

転職先の例
  • IBM、PwC、デロイトなどの外資系ITコンサルティングファーム
  • 日本マイクロソフト、日本オラクルなどの外資系ITベンダー
  • DeNA、リクルート、楽天などの大手IT事業会社
  • 大手日系メーカー
  • ITベンチャー

アクセンチュアから転職する方は、外資系コンサルや外資系ITベンダーの管理職などにキャリアアップしやすいようです。

アクセンチュアへの転職で内定しやすい人は?

アクセンチュアへの転職活動で、不合格だった・内定したという口コミ・評判から、アクセンチュアへの転職で内定しやすい人の特徴をまとめました。

  1. ITベンダーで働いた経験がある方
  2. ITコンサルとして働いた経験がある方
  3. システム開発に長けている方
  4. システム開発の提案から運用のサポートまでの工程に携わった経験がある方
  5. SIerでのシステム・製品の営業経験・開発経験がある方
  6. 管理部門で数年働いた経験がある方
  7. 大手IT企業やSIerで営業やマーケティングとして働いた経験がある方

7つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、アクセンチュアに内定しやすい人といえるでしょう。

特に、上記の経験で3年以上経験がある方は即戦力の部類に入ります。
自身が内定しやすい人の特徴に当てはまるか照らし合わせてみてください。

30代以上の即戦力から第二新卒まで幅広く中途採用を強化しているため、職種によっては、転職難易度は低くなっています。

システム開発の経験がない方でも、マネジメント経験やリーダーシップ、前職で実績をあげた経験がある方は内定しやすいでしょう。

アクセンチュアの中途採用事情を紹介

代表的な事業を紹介するとともに、直近の売上や採用傾向を紹介することで、アクセンチュアの最近の中途採用情報や転職難易度について触れていきます。

事業内容

アクセンチュア株式会社は世界最大手の外資系コンサルティングファームです。
世界中に約32万人以上の社員がいて、120カ国で事業展開しています。

以下の5つの領域で幅広いサービスをソリューションをお客様に提供しています。

  • ストラテジー
    「未来を創る戦略パートナー」として、企業戦略や事業戦略、グローバル戦略やM&Aなどのクライアントの経営課題に対してアプローチを行います。
  • コンサルティング
    「企業変革のパートナー」として営業改革や人材組織改革等、クライアントの経営課題に対してアプローチします。
  • デジタル
    「デジタル変革の先導者」として、クライアントのデジタルマーケティングやユーザーエクスペリエンスに対してアプローチします。
  • テクノロジー
    「イノベーションの実現」を目指し、クライアントの課題に対して、システム開発やDXを通してアプローチします。
  • オペレーション
    「インテリジェントオペレーション」を実現すべく、クライアントの業務課題に対して、世界中で急速に成長を続けているBPO(企業活動における業務プロセスの一部を外部委託し、その業務に対して企画、改善等を期待するサービス)やアウトソーシング(BPOとは違い、単純に業務プロセスの一部を外部に委託すること)という手法でアプローチします。
  • セキュリティ
    「リスクの検知と対応」をすべく、クライアントが持つ戦略リスク管理、サイバー空間におけるリスク対策といった課題に対してアプローチします。

それぞれの部署で、「金融」や「製造業」といった業界ごとに専門的な知識を持った人材が配置されています。あらゆる領域・業界の専門家がクライアントの課題やニーズに対して、サービスを提供できるのが、アクセンチュアの強みです。

売上の推移

アクセンチュアは世界トップクラスのコンサルティングファームです。

アクセンチュアの売上高は2001年の上場時から2018年にかけて、約10倍まで伸びています。
日本のITベンダーの中では、ナンバーワンの成長率を誇っています。

日本のアクセンチュアではそれ以上に売上が伸びています。
近年、日本の製造業がデジタル化を一気に推進していることにあります。

▼売上推移

アクセンチュアの売上

今後のアクセンチュアでの採用は、デジタル化を推進する人材採用が急務とされ、採用人数が拡大していくでしょう

アクセンチュアでは直近採用に力を入れていることもあり、ソフトウェアやITサービスの技術を持っている方、IT製品・サービスの営業やコンサルタント経験がある方は転職難易度が低くなるでしょう。
(引用:アクセンチュアのHP)

採用人数・求人の募集内容

アクセンチュアでは毎年新卒採用に加え、中途採用も通年行っています。
新卒採用では毎年300名以上採用していますが、中途採用人数は非公開となっています。

具体的に、実際にHP上で募集されている中途採用の求人を紹介します。
中途採用の求人数は、全部で70件でした。(2021年1月時点)

▼事業部の求人

  1. オペレーションコンサルタント(7件)
  2. WEBシステム開発・運用・保守(1件)
  3. アナリスト(4件)
  4. リサーチ(1件)
  5. テクノロジー/システムコンサルタント(18件)
  6. セキュリティコンサルタント(2件)
  7. ソフトウェアエンジニア(14件)
  8. マネジメントコンサルタント(11件)
  9. 戦略コンサルタント(2件)
  10. デザイン(1件)

▼管理本部の求人

  1. 財務(1件)
  2. 法務(1件)
  3. 購買部(1件)
  4. マーケティング(1件)
  5. 総務部(1件)

アクセンチュアで最も多く募集されているのは、システムコンサルタントやソフトウェアエンジニアなどのITシステムの知識を必要とする求人です。
ITコンサルがアクセンチュアの事業の核を為していることから、数多くの採用人数が必要となっています。

次に多いのが、マネジメントコンサルタントの求人です。
マーケティングやファイナンス、M&A、サプライチェーンなどの専門領域の強みを生かし、企業の経営課題にアプローチする仕事です。

また、管理本部でも様々な求人が募集されており、多岐に渡って募集されています。

特にシステム開発やコンサルタントは第二新卒から即戦力まで幅広く募集しているため、論理的思考力が高い方や自分の専門分野とマッチすれば、転職難易度は比較的低くなるでしょう。

「急成長中の世界的なITコンサルティングファームに関われるチャンスだ」という評判も多く、転職の良い機会といえます。

アクセンチュアの平均年収は高い?

アクセンチュアの平均年収は900万円です。
役職別の平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
アナリスト 500万円〜600万円
コンサルタント 600万円〜800万円
マネージャー 800万円〜1200万円
シニアマネージャー 1200万円〜1500万円
マネージングディレクター 2000万円〜

アクセンチュアの初任給は500万円以上とされており、30代で多くの方が1000万円以上の年収が得られます。

年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
25歳 570万円
30歳 750万円
35歳 940万円
40歳 1200万円
45歳以上 1300〜1500万円

競合他社と比較した場合の平均年収は以下の通りです。

社名 平均年収
アクセンチュア 900万円
IBM 770万円
アビーム 850万円
NRI 900万円
デロイト 1100万円
PwC 900万円

アクセンチュアの年収は、他のビジネスコンサルティングファームと比べて高いです。
アクセンチュアでは、SEは10年で、ビジネス・デジタルコンサルタントは5年でマネージャーになるモデルであるため一般的な企業と比べて昇進が非常に早いです。

新卒や第二新卒でも年収500〜800万円程度を目指すことができ、実力や成果に応じて、年収をあげることができる会社です。

何よりも売上が年々成長していることが平均年収の高さに繋がっており、年収を高めたい方には非常におすすめの会社です。

余談ですが、年収を上げたい方は、ぜひ選考の際に「年収交渉」を行ってみてください。
転職では内定したとしても、現年収より下がってしまうことは多々あります

自分のスキルに対する評価が低かったり、他社の方が高い年収提示の場合に、正しい評価をしてもらった上で、他社よりも高い年収を提示できるかどうかを交渉してみましょう。

しかし、年収交渉の段取りを上手くできるか不安が大きい方は、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントは正当な年収提示かどうかを見極め、他社の提示した金額よりも増額できるかどうかを第三者の立場から交渉できるため、年収が上げる可能性が格段に高まります。

年収を上げたい意向が強い方は、ぜひ転職エージェントに登録してみてください。

【厳選】高年収の転職実績豊富な転職エージェント
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

年収アップ事例が多数
約3人に2人が年収UP

JACリクルートメント

高年収転職実績No.1
年収600万円~1,500万円の求人多数

(引用:Openwork)

アクセンチュアへ転職した方の評判・口コミは?

アクセンチュアに転職した方の評判から、アクセンチュアに転職して成功したことや後悔したことを紹介します。
自分がアクセンチュアに転職して成功するかどうかを考えながら見てみてください。

・競争も激しい。能力の高い人は長時間労働をしなくてもプロモーションしていけるが、普通の能力の人だと長時間労働でリカバリーするしかない。結果的に多くの人が自主的に長時間働く文化となっている。ただし給与は高く、居心地も悪くはないので、みな頑張って努力している。
(ストラテジー、男性)
・とにかく社内の変革に関しては非常に柔軟。 良さそうと思うことはマネージメントが積極的に取り組むし若手の意見もすごく反映される。 また、新卒からIBMという人は多いが外部からきた人へは非常に優しくIBMのやり方を押し付けることなく、外での良い経験ややり方を積極的に取り込もうとする姿勢がすごい。
(コンサルタント、男性)
・プロジェクト制のために、一度働いた相手ともう一度働く機会はすくない。風通しは非常によく、役職に関係なく思考の深さ、正しさが優先される文化。各種トレーニングは揃っているが、自分で能動的に成長しよう、学ぼうという意思がないとスキルアップ、能力の向上は難しい。基本的には仕事であるため、誰かに習うではなく、自分で調べ必要な人間にコンタクトして必要な情報を手にいれる。指示されることを待たず、自分で何が必要かを考え、能動的に行動することが求められる。
(テクノロジー、男性)
・昔のような、長く働くほど素晴らしい、と言った文化は大きく見直されたため、残業はかなり減っていると思う。子育てをしている社員は、子どものお迎えや送りのために、出社、退社時間をフレキシブルに変更している。基本的に決められた締め切りまでに自分のタスクが終わっていれば問題はないため、定時のうち2-3時間ほどプライベートの用事で離席し、その分残業でカバーすることも問題なく行える。他社と比較はできないが、ワークライフバランスは取りやすい職場なのではないかと思っている。
(コンサルタント、女性)

以上の口コミから、アクセンチュアの特徴をまとめました。

  1. 労働時間は比較的長い
  2. 給与水準が高い
  3. 能動的に成長する力が身に付く
  4. 業務時間はプライベートの用事を優先可能

アクセンチュアへの転職は、若い内から成長にコミットしたい方におすすめの会社です。
外資系の文化が浸透しており、常に良いものを取り入れようとする姿勢や社員一人一人が成長に貪欲な姿勢など、成長できる風土が築かれています。

一方で、成果が出ないと自主退職を促す場合もあるようです。
ワークライフバランスは外資系特有のプロジェクトの重さに依るところが多いです。

アクセンチュアへの転職で失敗しない秘訣とは?

アクセンチュアに転職したいと思っている方は、アクセンチュアへの転職で後悔しないように、徹底的にアクセンチュアや任される仕事について深く理解することが重要です。
転職活動の際に気を付けるべきポイントを抑えておけば、アクセンチュアへの入社後も納得して働くことができます。

アクセンチュアの転職事情についてさらに詳しく知りたい方や確実に転職で失敗したくない方には、転職エージェントを活用することをおすすめします

転職エージェントを使えば、インターネット上だけでは分かりきれない、リアルな企業情報や内部情報を知ることができます。

転職エージェントは、豊富な転職支援実績をもとに、転職先が決まるまで無料でサポートしてくれます。

転職エージェントのサポート内容は多岐に渡りますが、特に以下の4つのサポートは、転職後に失敗・後悔したくない方に非常に役に立つでしょう。

  1. 自分に合った求人を提案してくれる
  2. 企業の内部情報を提供してくれる
  3. 入社後の役割を明確にしてくれる
  4. 年収を上げるように交渉してくれる

転職エージェントに、これら4つのサポートを行ってもらえるように、転職エージェントのおすすめの使い方を詳しくご紹介します。

アクセンチュアへの転職を失敗させない!転職エージェントの上手な活用法

転職を失敗させないように、転職エージェントを登録後に、おすすめの使い方を解説していきます。

これまで5回ほど転職をしてきた筆者が、「やってよかった」と思った、活用のポイントを4つ紹介します。
4つのポイントを意識すれば、転職エージェントを上手く使えるようになるでしょう。

上手な活用法①:転職先の希望条件を本音で伝える

1つ目は、転職先の希望条件を本音で包み隠さず伝えることです。
転職エージェントとは登録後に初回面談があります

初回面談で、転職先の希望条件や転職する上で心配していることを本音を伝えることで、以下のメリットがあります。

  • 希望の求人を紹介してもらえる
  • 自分がして欲しいサポートをしてもらえる

転職エージェントは、求職者の方々の理想の転職を実現できるように、求職者が「転職先に何を望んでいるか」を気にしています。

転職先に求める率直な希望条件を伝えないと、自身が望む求人を提案してくれません。内定したとしても自分の理想とする転職が実現できなかったと、入社後に後悔する可能性があります。

また、転職エージェントのキャリアアドバイザーに転職活動で求めたいサポートをはっきりと伝えることが重要です。
「職務経歴書のアピールポイントを相談したい」「選考対策は丁寧にして欲しい」「連絡は◯時〜◯時までにして欲しい」など、転職活動で心配な点は相談してみましょう。

初回面談から本音を伝えることのやりづらさを感じる方もいますが、本音を伝えないことで自分が望む転職を実現しにくくなります

キャリアドバイザーには初回面談から本音で話すことを意識しましょう。

上手な活用法②:企業の内部事情に関する情報を聞く

2つ目は、転職エージェントにしかわからない企業の内部情報を積極的に情報提供してもらうことです。

転職エージェントを使わなくても、企業概要や事業内容は知ることができますが、企業文化や働き方、配属部署の内部情報については知ることが難しいです。

一緒に働く上で、企業の雰囲気が自分の性格と合っているか、働き方は安定しているか、上司部下の関係性はフラットな関係かなど、入社後の印象に悪いギャップが出ないようにすることは重要です。
企業の直近の成長具合いや組織のネガティブ、社員の印象など、入社してみないとわからないことも、転職エージェントであればわかっている場合があります。

企業の現場社員の方との面談や面接だけでは、一部の優秀な社員との面談が多いため、かなり偏った意見の場合も多いです。

入社後に転職を後悔しないようにするには、企業の内情を知ることが必須になります。
転職エージェントに企業の内情を教えてもらうことで、入社後後悔しないように、情報提供してもらいましょう。

上手な活用法③:入社後のキャリアステップを明確にする

3つ目は、入社後のキャリアステップについて教えてもらうことです。

入社後の役割やキャリアステップの認識がずれていると、入社後に後悔する可能性があります。

転職エージェントを使わずとも、入社前に企業の採用担当者や現場社員から教えてもらうことが可能ですが、良い部分しか教えてくれない場合が多いのです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは特定の業界・職種の専門性を持っているため、客観的に入社後のキャリアの選択肢を提示してくれます。
候補者のスキルや経験と照らし合わせて、どんなキャリアがベストなのかを考えながら、求人を提案してくれるため、中長期的なキャリアを考えた上での転職が可能になります。

入社後にキャリアのギャップが生じないように、入社直後の仕事内容や雇用条件を確認するだけでなく、入社して2~3年後のキャリアの選択肢や年収を積極的に確認しましょう。

上手な活用法④:年収を上げるように交渉してもらう

4つ目は、年収を適正な金額にするように、企業に交渉してもらうことです。
企業側はできるだけ採用コストを抑えたいため、年収提示が妥当な金額でない場合があります。

入社後に、任される仕事内容に対して、年収にギャップがあるのではないかと感じたとしても、時すでに遅しです。

年収交渉は自ら行うこともできますが、非常にやりづらいです。

自分で年収交渉を実施するとなると、交渉ごとに慣れていれば別ですが、企業側から直接説得されやすかったりと、交渉の主導権を握りづらいです。

転職エージェント経由であれば、第三者を介するため、年収交渉に効果的な要素を整理してくれ、交渉の主導権を握ってくれます

年収が上がれば、転職エージェントにメリットがあるため積極的に行ってくれますが、一方で企業側はその分採用コストをかけることになります。
そのため、年収が事前の希望額よりも低くても、企業側との信頼関係を保つために、転職エージェントが積極的に交渉してくれない場合もあります。
その場合は、あらためて、希望年収で転職したい旨をはっきり伝え、企業側に年収をあげられないか交渉してもらうことが重要です

また、入社時の年収を上げることに執着したくない方には、入社して1〜2年後の年収を聞いてくれたりします。予め年収の上がり方を確認しておくことで、入社後何年か経過した後の年収のギャップが少なくなります。

妥当でない年収で転職して、入社後に後悔しないよう、積極的に年収を交渉してもらうように依頼しましょう。

アクセンチュアへの転職で、おすすめの転職エージェント4選

入社後に、仕事内容や給料、職場環境、働き方などについて、入社前に知らなかったせいで、後悔することは絶対に避けなければなりません

入社前にリアルな情報を得るためには、周囲に応募先企業の知り合いがいれば良いですが、そうでなければ転職エージェントに頼りましょう

転職エージェントはこれまでの転職支援実績から、企業情報や求人情報だけでなく、選考情報や職場環境などの内部情報も提供してくれます

しかし、転職エージェントは数多く存在しているため、「どれを選んだらいいかわからない」といった方もいるでしょう。ここでは、筆者も含めた実際に転職活動を行った方の感想から、おすすめの転職エージェントを以下にまとめました。

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。

転職エージェントからのサポートについては、料金は無料ですし、入社が決まるまでサポートしてくれるので利用しない手はありません。

アクセンチュアに転職するために登録すべき転職エージェントを、以下の観点で選びました。

  • アクセンチュアの求人を取り扱っていた実績がある
  • キャリアアドバイザーの専門性が高い
  • 転職成功例が非常に多く、ノウハウが豊富

これらの要素が全て当てはまる、具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

高年収を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

アクセンチュアはコンサル業界の中でも人気企業ですが、仕事内容や環境に後悔されている方もいれば、社風や仕事がマッチする方もいます。会社としてだけで判断するのではなく、実際どんな役割を担えるのか、どんな環境で働くのか把握した上で、チャレンジしてみることを強くおすすめします。

転職が実現した後、「転職してよかった」「この選択が自分にとってベストだった」そういった転職が実現できるよう、少しでも力になれましたら幸いです。