コンサルに転職して後悔することとは?失敗しないポイントを徹底解説

コンサルへの転職で後悔
  • コンサルに転職すると後悔する?
  • コンサルに向き不向きはあるの?
  • コンサルへの転職で後悔しないために、どんな対策をしておけばいいの?

といったコンサルへの転職に不安をお持ちの方のお悩みを解決する記事になっています。

この記事は、未経験からコンサルに転職して、「後悔した」「失敗した」という声をもとに記事をまとめています。

記事の前半では、「コンサルに転職して後悔しがちなパターン」を解説し、記事の後半では、「コンサルへの転職で後悔しないようにするための事前準備」について解説します。

この記事を読み終えることで、自身がコンサルティング業界に向いているか否かがわかるとともに、コンサルへの転職活動で注意するべきポイントが身に付きます。

本記事で解説する次の5つの注意点が理解できれば、コンサルを通じた理想のキャリア形成に向けた第一歩となるでしょう。

  1. コンサルの仕事の実態を知る
  2. コンサルの仕事で犠牲になることを予測する
  3. 複数のコンサル企業の選考を受ける
  4. コンサル企業への挑戦は早めに
  5. 大手の転職エージェントを活用する

以下に詳しく解説していきます。

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

未経験からコンサルに転職して後悔するパターンは?

コンサル業界に入社した際、業界ならではの仕事柄の影響で、向いている人と向いていない人がいます。

実際にコンサルに転職した方からお聞きした声をもとに、後悔しがちなパターンをご紹介します。

自身がそのパターンに当てはまりそうか否かを考えながら、読んでみてください。

仕事のイメージが違う

後悔しがちなパターンは、コンサル業務への空想を描いてしまうパターンです。
企業の事業戦略を策定することがメインの仕事と思いがちですが、戦略策定を実施できるのは一部のトップコンサルティング企業の社員と中堅コンサルティング企業のシニアマネージャー以上と言われています。

通常のコンサルティング企業での業務は、市場調査や業務改善のプロジェクトが多いです。
クライアントの社員からのインタビューや資料作成などの仕事に奔走する可能性が高いのです。

マネージャー以上の社員は、このような戦略策定に必要なベーススキルの積み重ねで、大きなプロジェクトにアサインされています。

ロジカルな環境が合わない

ロジカルな環境が合わずに後悔する方も多くいます。

コンサルティング業界は事業会社よりもロジカルな業務を求められます

事業会社はコンサルティング企業にコンサル料を支払い、課題解決を依頼します。
コンサル料を支払うということは、事業会社から導き出される解決策よりも、より高品質かつスピーディーな解決策が求められるのです。

高いレベルのロジカルシンキングを活用することは、コンサルティング企業ならではの付加価値なのです。

ロジカルシンキングに長けている人やロジカルな環境に馴染める方であれば、コンサルに向いている人といえるでしょう。

クライアントの実行支援がしづらい

コンサルティング企業はその名の通り、コンサルに特化した企業です。

戦略策定や業務改善の方針策定のみ実施し、その後の実行支援や効果測定ができない場合があります。
クライアントからの依頼やコンサル企業の方針に左右されるため、一概には言えませんが、実行の最後まで支援できないこともあるということは覚えておいてください。

ただし、ここ数年はIT支援まで一貫して実行する企業も多く、事業成長する過程を実感することもできるようになってきています。

コンサルスキルのレベルが高い

未経験からコンサルタントに転職すると、新卒から入社した方と比べてコンサルティングスキルに大きなギャップを感じることがあります。

事業会社とコンサル企業では育成方針も異なるため、ベースとなるスキルの種類が異なっていることは仕方ないといえます。

自身のロジカルシンキングやベーススキルに過信せず、コンサルスキルを「ゼロから学ぼう」といった姿勢で臨むことができれば、大きなギャップを感じずにもいられるはずです。

ハードワークで疲弊する

コンサル企業で特徴的な働き方は、ハードワークであるということです。

コンサル企業はクライアントから期限付きのプロジェクトを依頼されるため、期限内に成果を出す必要があるからです。

当初聞いていた依頼よりも大きな課題が見つかることもあるため、プロジェクトの仕事量が左右されやすいのです。

自身がハードワークを好めるかどうかは、しっかりと見極める必要があります。

コンサルに転職してよかったことは?

コンサル業界への転職で後悔する声がある一方、コンサルならではの環境や仕事を好み、「転職してよかった」という声も多数あります。

後悔したという声に反して、転職してよかった理由を4つご紹介します。

  • 今後のキャリアにおける汎用的なスキルが身に付く
  • 大口のクライアントに対する折衝能力が身に付く
  • 事業会社の重要なポストに就きやすくなる

よくコンサル業界に転職した方から聞く声ですので、転職してよかったパターンを知っておけば、自身がコンサル業界を好めるかどうかがわかります。

コンサル企業はハードな環境かつ高いスキルを求められる環境ではありますが、その分汎用的なスキルやクライアントに対する課題解決スキルが身に付きます。
コンサル企業で経験が積むことができれば、事業会社へ転職する場合に、その高いスキルを買われ、マネージャーや役員のポストに転職しやすくなります

コンサルに向いている人とは?

コンサルに転職して後悔した・転職してよかったという声から、コンサルに向いている人は以下の要素を満たした人といえそうです。

  1. ロジカルな環境でも適応できる人
  2. 事業の上流工程に関わりたい人
  3. シビアな世界に関わりたい人

3つの要素のうち、いずれかに当てはまっていれば、コンサルに向いている人といえるでしょう。

自身の嗜好や今後歩みたいキャリアを照らし合わせてみてください。
今後、より戦略寄りのキャリを歩みたい方や事業会社で事業戦略を担いたい方、ベンチャー企業で事業企画を行いたい方などは、3つの要素を満たす方といえます。

コンサルへの転職で後悔しないようにするには?

コンサル業界に自分の嗜好が向いていると思った方は、コンサルへの転職で後悔しないように徹底的に転職活動で事前対策をとっておきましょう。

転職活動の際に気を付けるべきポイントを抑えておけば、入社後も納得して働くことができます。

入社後に後悔することは、転職活動で事前に対策できるのです。

コンサルの仕事の実態を知る

コンサルティング企業は、戦略系・IT系・人事系・金融系・総合系など、多岐にわたります。

各コンサル企業で専門とする領域は異なるため、どんなプロジェクトを手掛けるかは事前に把握しておきましょう。

戦略系のコンサルティングファームは戦略に特化した提案ができますが、IT系や人事系などのある領域に特化したコンサル企業は業務改善をメインの仕事としていることもあります。

そのコンサル企業でどんなプロジェクト、入社すぐはどんな仕事をするのか、1年後はどんな仕事ができるのかなどを現場にヒアリングしてみましょう。

コンサルの仕事で犠牲になることを予測する

コンサルで働くことは、それだけ働く時間が長くなったり、心身が疲弊する場合があります。

家族に迷惑をかけたり、プライベートが侵食されることがないか確認しておきましょう。

実際に働いている社員に働く時間やプライベートの余裕、もらっている給与などを確認しておきましょう。

複数のコンサル企業の選考を受ける

選考を受けているコンサル企業の実態を他のコンサル企業と比較しましょう。

1社だけ選考を受けて、社員や給与・環境にいい印象を受けても、それが当たり前と思ってはいけません。

そのほかのコンサル企業と比較することで、コンサルで働く基準がわかるようになってきます。

コンサル企業への挑戦は早めに

コンサル企業への挑戦は、若い内に挑戦することをおすすめします。

特に戦略系のコンサルティングファームや外資系、大手総合系コンサルティングファームは働き方がタフであることが多く、自身に対する負担が大きくなります。

タフな働き方の代わりに犠牲にするものも大きいので、コンサル企業への転職はリスクが伴うことは注意しましょう。

大手の転職エージェントを活用する

コンサル企業を多く扱った転職エージェントを使うと共に、大手の転職エージェントも併用することをおすすめします。
コンサル企業の求人が多い転職サイトは、コンサル系の幅広い求人を扱っています。

転職エージェントでは、求職者にカスタマイズされた求人を提案してくれます。
求人の内容やどんな企業かをある程度理解した上で、提案してくれるため、信頼度の高い求人が多いでしょう。

大手の転職エージェントは圧倒的に多くの業界の求人を保有しているため、他では出会えない求人を保有している可能性があります。

コンサルティング企業に転職したい方におすすめの転職エージェント
大手の転職エージェント

まとめ

コンサルでよくある後悔しがちなことを紹介した上で、後悔しないための5つのポイントを解説しました。

コンサル業界に向いているのか否かを判断した上で、コンサル企業への転職活動を進めていきましょう。
次の3つのいずれにも当てはまるかどうか確認してみてください。

  1. ロジカルな環境でも適応できる人
  2. 事業の上流工程に関わりたい人
  3. シビアな世界に関わりたい人

向いていると思った方は、次の5つのポイントに気をつけながら転職活動してみてください。

  1. コンサルの仕事の実態を知る
  2. コンサルの仕事で犠牲になることを予測する
  3. 複数のコンサル企業の選考を受ける
  4. コンサル企業への挑戦は早めに
  5. 大手の転職エージェントを活用する

5つのポイントに気をつければ、コンサルティング企業に入社後に後悔する要素を減らすことができます。