ベンチャーへの転職は後悔しがち?後悔しない5つのポイントとは!

ベンチャーへの転職
  • ベンチャーへの転職でよく後悔しがちなことは?
  • ベンチャーへの転職は成長できるの?
  • ベンチャーへの転職に向いている人はどんな人?

といったベンチャーへこれから転職したい人が抱える悩みを解決できる記事になっています。

ベンチャー企業の採用を支援していた経験やベンチャーへ転職した方の意見をもとに、記事をまとめています。

記事の前半では、「ベンチャーへの転職でよくある後悔しがちなこと」を紹介し、記事の後半では、「ベンチャーへの転職で後悔しないためのポイント」について解説します。

この記事を読み終えることで、ベンチャーへの転職する際の注意点を押さえることができ、ベンチャーへの転職活動を自信を持って進めることができるようになるでしょう
ベンチャーへの転職で後悔しないために次の5つのポイントを押さえることで、入社後に後悔する可能性が低くなります。

  1. ベンチャー企業の実態を知る
  2. ベンチャーで犠牲になることを予測する
  3. 複数のベンチャー企業の選考を受ける
  4. ベンチャー企業への挑戦は早めに
  5. 大手の転職エージェントを活用する

大手企業や有名企業への転職を検討していたり、求人に興味がある方は、まずはリクルートエージェントに登録しましょう。業界NO.1の求人数を保有していることが強みで、信頼度の高いキャリアアドバイザーから自分に合った求人を紹介してくれます。

リクルートエージェントと併用してほしいのは、キャリアカーバーです。企業の人事や、外資・ITに強い経験豊富な人材エージェントから、直接スカウトが届きます。

20代、もしくは第二新卒に特化した転職サポートを希望する方には、マイナビエージェントに登録すれば間違いないでしょう。高年収・高待遇での転職を考えているならJACリクルートメントに登録しましょう。

転職サービスによってサポート内容や求人案件の種類が異なるので、自分の志向に合ういくつかの転職サイトや転職エージェントを併用しながら転職活動を進めていくことをおすすめします。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
CAREER CARVER
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/
マイナビエージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さがある

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

ベンチャーへの転職で後悔したことは?

ベンチャーへの転職に後悔した声をもとに、よくある後悔しがちなポイントを4つご紹介します。

入社後に本当によくある声なので、自分に照らし合わせて、自分はそのポイントを好むことができるか考えながら読んでみてください。

給与が上がるまでに時間がかかった

  • 会社の売り上げが立つまで見立て以上に時間がかかり、1年半の間、入社時に給与から変わらなかった。
  • いつか給与は上がるだろうと思っていたが、上がることはなく、むしろ業績に応じて少しづつ給与が下がっていった。

といった声がありました。

給与は、会社の業績や従業員数に応じて変動します。

そのため、入社前に会社が参入している業界や現状の売上をしっかりと調査しておくことが大切です。

0→1の立ち上げが大変だった

  • サービス立ち上げ3ヶ月時の入社ということもあり、環境がほとんど整っておらず、何から何までやらなくてはいけない状況だった。
  • サービスの売上がまだ安定していない状況だったため、朝7時から夜12時まで働くこともしばしばだった。

といった声がありました。

事業の構築において、サービス立ち上げ時が一番大変と言われています。

大変な理由は、環境が整備されていないことや顧客がいないからです。

育成をしてくれる人がいない

  • 3~4人程度の小さなベンチャーへ入社したが、社長もかなり若く、仕事を教わるということはなかった。
  • 大手企業出身や他の会社だと部長クラスの優秀な人がいたが、仕事に追われている人が大半で、見て仕事を覚えるしかなかった。

といった声がありました。

ベンチャー企業で育成制度が整っているところは多くありません

まずは短期的に事業の成長に注力することが優先されるからです。
優秀な人が働いていることは多いものの、自主的に仕事を学習していかないと、淘汰されてしまう可能性が高いです。

体や心が疲弊していく

  • 朝早くから深夜まで、遅い時は会社に宿泊することもあったので、最初は熱意持っていたつもりだったが、1年後にはなぜ仕事をやっているのかわからなくなる時期もあった。
  • これまで体調不良になることはなかったが、遅くまで働くようになり、次第に定期的に体調不良になってしまった。

といった声がありました。

ベンチャー企業で働くと、必然的に長く働くことが多くなります。

顧客にどれだけ自分たちのサービスを認知してもらえるか、どれだけ契約をもらえるか次第なので、長く働くことが売上に繋がりやすいのです。

ベンチャーへ転職してよかったことは?

ベンチャーへ転職に後悔する声がある一方で、転職してよかったという声も多くあります。

後悔した人とは正反対に、ベンチャーでの環境をポジティブに捉えられる人もいるのです。

自身が次の5つのポイントをポジティブに捉えられそうか考えながら読んでみてください。

成果により給与が上がりやすい

  • 会社の売上が安定するまでは時間がかかるが、売上が徐々に立ってきたタイミングで、大手企業では見られない幅で給与が上がった。
  • 給与の制度も確固としたものがないので、成果を多く出した月は大幅に上がった。良くも悪くも業績の良し悪しに左右される。

といった声の通り、給与はその時の成果に大きく左右されるようです。

労働時間がフレキシブル

  • 大手企業では常に18時に定時で帰らされていたが、自分が好きな時間だけ働くことができるので、自由に仕事ができているように感じる。
  • 比較的売上が安定してくると、早めに退勤することができるので、プライベートも柔軟に調整可能。あまり休めることは多くないが、平日に早く退勤して、次の日朝早く仕事をやるなども可能。

といった声の通り、仕事をたくさんできたり、働く時間を柔軟に調整することは可能です。

ベンチャー企業で制度が固まってないことにより、享受できるメリットといえます。

0→1の立ち上げに関わることができた

  • 立ち上げに関わるのは大変だったが、一つ自分の壁を破れたと感じるくらい、達成感が大きかった。
  • 立ち上げでは何もかも自分でやることができたので、プロジェクトを進めるスキルや汎用的な知識を多く身に着けることができた。

といった声の通り、立ち上げに関わることで、自身のスキルや知識の幅を広げることができます

立ち上げに関われることは、大手企業ではあまり経験できないので、貴重なチャンスと捉えられます。

上司からの制限が少ない

  • 会社の全員が仕事で忙しいため、自ら考えて、行動に移すことが多い。良くも悪くも仕事の責任は自分が負うため、自分が考えた通りに動くことができる。
  • 自身でプロジェクトを持つため、意思決定や重要な判断を自身で行うことが多い。スピード感が必要なベンチャーでは自分の意思決定が非常に重要な意味を持つと思った。

といった声がある通り、自身が責任を持つ仕事が多いようです。

自身で責任を持つゆえ、プレッシャーがかかりますが、ベンチャー企業ほど裁量を持てるところはないでしょう。

強い思いを持つ人が多い

  • 入社後、働くことがつらくなった時期もあったけど、事業のビジョンや会社の社員の思いを信じて、立ち上げに貢献できたといえるくらい成果を出すことができた。
  • 事業に強い思いを持っている人は、辞めることなく、思いを突き通しながら働いていた。自身も思いを貫き通しながら働きたいと思えるようになった。

ベンチャー企業は、事業が立ち上がり切るまで、つらい経験をすることも多いでしょう。
しかし、それだけ自身が手掛ける事業に誇りや強い信念を持っている方が多いです。

同じように自身が強い思いを持っていれば、その環境に順応できる可能性は高いでしょう。

ベンチャーは飛躍的に成長できる?

ベンチャーへ入社して後悔することもある一方で、「飛躍的に成長できるの?」といった疑問を持っている方もいると思います。

ベンチャーで転職して特によかったことに、個人の成長スピードが圧倒的に速いといったメリットがあります。

次の3つの点で圧倒的に成長できる可能性が高いです。

  • 幅広くタスク処理ができるようになる
  • やりきる力が身に付く
  • 個人の問題解決能力が上がる

ベンチャーでの仕事はつらい仕事が多い反面、それだけ期待される仕事のレベルが高いのです。

従業員が少ない中で幅広く仕事をこなす必要があったり、膨大な仕事をこなす中で何かをやりきることが多くなります。
そして、毎日高いレベルの仕事をこなしていけば、個人の問題解決能力が圧倒的に向上するという論理です。

ベンチャーへの転職に向いている人は?

結論、次のどれかにあてはまる方は、ベンチャーへの転職でも後悔せずに、ポジティブに仕事に打ち込める人といえそうです。

  • 自分に自信がある方
  • 仕事が好きな方
  • スキルが一定レベルある人
  • 働いた時間を成長に転換できる人

何かに打ち込んだことがある方や高い目標を掲げて達成してきた方はこの4つに当てはまりやすい方です。

ベンチャーはつらい仕事が多いので、その困難を打ち返せる方が適しています。
自分に自信をもち、仕事が好きな方はその困難を乗り越えられる可能性が高いです。

そして活躍するには、すでにある程度のスキルを持っており、成長実感を味わってきた方が優位です。

4ついずれにも当てはまれば、ベンチャー企業でも成長でき、やりがいを持って働き続けることができるでしょう。

ベンチャーへの転職で後悔しないようにするには?

ベンチャーへの転職で後悔しないために、5つのポイントを解説します。

5つのポイントを押さえることで、ベンチャー企業への転職活動をより優位に、かつ入社後に後悔しない転職を実現できるようになります。

ベンチャー企業の実態を知る

ベンチャー企業は上場してないため、財務情報が非公開になっています。

そのため、事業の実態を明らかにする必要があります。

以下は特に注目して、情報収集しましょう。

  • 社員数や在籍する社員:社員に過不足がないか、優秀な社員が在籍しているかなど。
  • 現状の売上やマネタイズ:ビジネスモデルがしっかりと稼げるモデルになっているか。
  • 資金調達額:資金調達は何回しているか。資金調達するたびに額は上がっているか。
  • 社員はどんな繋がりか:辞める人が多くないか。社長と働いている人の信頼関係は厚いか。

これらを確認することで、今後成長しそうな企業かどうかの見立てが立てやすくなります。

ベンチャーで犠牲になることを予測する

ベンチャーで働くことは、それだけ働く時間が長くなったり、金銭的につらくなる場合があります。

家族に迷惑をかけたり、家賃が払えなくなったりすることがないか確認しておきましょう。

実際に働いている社員に働く時間やもらっている給与を確認しておきましょう。

複数のベンチャー企業の選考を受ける

ベンチャー企業の実態が良いかどうかは、比較してみないとわかりません。

1社だけ選考を受けて、社員や給与・環境にいい印象を受けても、それが当たり前と思ってはいけません。

そのほかのベンチャー企業と比較することで、ベンチャーで働く基準がわかるようになってきます。

ベンチャー企業への挑戦は早めに

ベンチャー企業への挑戦は、若い内に挑戦することをおすすめします。

特に少数規模のベンチャーは立ち上げ間もないこともあり、リスクが大きいです。

業績が成長中の段階で入社するので、ベンチャー企業への転職はリスクが伴うことは注意しましょう。

大手の転職エージェントを活用する

ベンチャー企業を多く扱った専用求人サイトを使うと共に、大手の転職エージェントも併用することをおすすめします。

ベンチャー企業の求人が多い転職サイトは、ベンチャー系の幅広い求人を扱っている一方で、知名度が低い企業の求人を扱っている場合もあります。

大手の転職エージェントでは、求職者にカスタマイズされた求人を提案してくれます。
求人の内容やどんな企業かをある程度理解した上で、提案してくれるため、信頼度の高い求人が多いでしょう。

ベンチャー企業に転職したい方におすすめの転職サイト
大手の転職エージェント

まとめ

ベンチャーでよくある後悔しがちなことを紹介した上で、後悔しないための5つのポイントを解説しました。

ベンチャーに向いているのか否かを判断した上で、ベンチャー企業への転職活動を進めていきましょう。
次の4つのいずれにも当てはまるかどうか確認してみてください。

  • 自分に自信がある方
  • 仕事が好きな方
  • スキルが一定レベルある人
  • 働いた時間を成長に転換できる人

向いていると思った方は、次の5つのポイントに気をつけながら転職活動してみてください。

  1. ベンチャー企業の実態を知る
  2. ベンチャーで犠牲になることを予測する
  3. 複数のベンチャー企業の選考を受ける
  4. ベンチャー企業への挑戦は早めに
  5. 大手の転職エージェントを活用する

5つのポイントに気をつければ、ベンチャー企業に入社後に後悔する要素を減らすことができます。