社会人一年目のあるあるを紹介!辛いことに対してやるべきことを解説

社会人一年目のあるあるを紹介!辛いことに対してやるべきことを解説

社会人一年目になり、

  • 社会人になると、思い通りにいくことがなくて辛い
  • 辛いけど、どう解決していいかわからない

といったお悩みをお持ちではありませんか。

この記事では、社会人一年目の方がよく感じること「あるある」を紹介します。社会人一年目で辛いことや意識すべきことを解説していきます。

この記事を読み終えることで、社会人一年目で辛いことがあっても、どう対処していくべきかを改めて見直すことができます。
社会人一年目、嫌なことや辛いことを乗り越えて、生き生きと働けるようになりましょう。

社会人一年目あるある

社会人一年目でよく声として上がる「あるある」を紹介します。
社会人になりたてならではの悩みなので、壁にぶつかっている方も多いのではないでしょうか。

仕事ができない

社会人一年目で最も多いあるあるが、「仕事ができない」ことです。

上司や同期の方が仕事ができたり、自分の実力に自信をなくしたり、仕事ができずに落ち込む場合は多々あるでしょう。社会人一年目から周りを基準にして、短期的な成果を求めると、自己嫌悪に陥ります

あくまで自分の目標を設定して、自分の基準・ペースで仕事を進めることで、落ち込む自分自身から開放されます。

社会人一年目は、自分がどこまで仕事ができるか、自己分析することも難しいかもしれませんが、少しづつ自分をコントロールする方法を身に付けることが重要です。

お金が足りない

社会人一年目の収入は、自由に使えるお金が少ないことが多く、お金に余裕を持てなくなる人が多いです。

大学卒の初任給は21万円〜25万円程度です。手取りに換算すると、16万円〜20万円となり、家賃だけで手取りの半分を占めることも少なくありません。

年収は、ボーナスでどれだけ加算されるかによりますが、290万円〜420万円程度です。

社会人一年目でお金がない方は、お金を管理するツールを導入したり、固定費用を抑えたり、自分が使いたいことに使えるお金を増やせる対策をしましょう。

一人暮らしに慣れない

社会人になったタイミングで、一人暮らしをし始めた人も多いです。

一人暮らしを始めると、実家と比べて寂しい思いや不安、緊張することがあります
一人暮らしは自ら家事をしなければならず、やらなきゃいけないプレッシャーを感じてしまうのです。

また、一人で過ごしていると、気軽に人と話すことが難しいため、一人でネガティブなことを考えてしまう人もいます。

一人暮らしが思い描いていたものと異なるかもしれませんが、慣れていけば、何にも縛られず、自由に自分の時間を過ごすことができます。一人暮らしに慣れない時期は、積極的に人と話す機会を設けたり、余裕があるときに家事をするなどの工夫をしていきましょう。

社会人一年目で仕事が辛い理由

社会人一年目で最も辛く感じることは、「仕事ができない・上手くいかない」ことです。
「仕事ができない」という思いに陥る理由を具体的に解説していきます。

大きな責任がのし掛かる

学生から社会人になり、最も大きく変わるのは、自分にのし掛かる「責任の大きさ」です。

社会人は給与を受け取る以上、成果でお返ししなければなりません。成果は売上のことです。

どの仕事にも売上が関わっており、仕事に失敗をすると、会社の売上ないし、所属する部署、上司にまで迷惑がかかるのです。

社会人になると、自分だけの責任では完結しなくなることが、責任の大きさにつながっているのです。

やることが多すぎる

社会人一年目は、学生でいう新入生と同じく、やることが多いです。

ビジネスマナーや知識、仕事の基本など、覚えることがたくさんあるため、やってもやっても終わらないのです。

特に社会人一年目は、与えられたこと以上にやってしまったり、インパクトが薄いことに取り組んでしまったりと、不必要な仕事に手を出してしまうことも多いです。

余裕を持てる時間がない

社会人一年目は、よく「仕事に追われる」状態になってしまいます。

仕事に追われると、自分を客観的に分析したり、安らぐことができなくなります。

学生のときは、休みたい時間に休めることも多かったですが、社会人になると、休日や業務時間が固定されてしまいます

「休みたいときに休めない」状態が続くと、休む意識さえも低下し、負のスパイラルに陥ります。

上司との関係性が良好でない

社会人になると、社内や顧客と関わる必要があるため、周囲との関係性が仕事の質に影響していきます

社会人一年目は、仕事を覚えていく立場のため、周囲の協力が必ず必要になります。

上司との関係性が悪いと、聞きたいことを気軽に聞くこともできません。

学生の頃、自分だけで完結できていたことに慣れている人は、上司との関係性を見直しましょう。仕事ができないと感じている理由が、上司から悪い評価を受けているとしても、関係性が良ければ、改善点を聞き入れることもできるようになります。

社会人一年目で辛いことがあった時に、やるべきこと

社会人一年目で仕事が辛いと思っている方は、あらためて、なぜ辛くなっているか原因を特定した上で、対処法を身につけましょう。

辛いことがあったら、以下の行動や意識で仕事をしてみましょう。社会人一年目で辛いことはひょっとしたことで解決されたりします。

与えられる仕事を全うしてみる

「この仕事にやる意味があるの?」「どうやったら完璧に仕事をこなせるの?」といった疑問を持ったことはありませんか。このように思い悩んでいる方は、仕事の責任から逃避している可能性が高いです。

やるべき仕事が多過ぎて、キャパシティーを超えている状態です。

思い悩んでどの仕事にも打ち込めていない方は、まずは上司から与えられた仕事を全うしてみることをおすすめします。

仕事の責任から逃避している方に多いのは、仕事量が絶対的に多いからです。上司から与えられた仕事を全うすることで、一つの仕事に集中でき、上司からも高い評価を受けられる可能性があります。仕事が楽しくなるきっかけになっていくはずです。

仕事の基本を覚えていく

「仕事をがむしゃらにやってみたけど、全然上手くいかない」「全然成長した気がしない」といった悩みを持ったことはありませんか。

仕事が一向にうまくいかない理由は、仕事の基本が身についていないからです。

仕事を根性や学生で身につけたスキルだけで乗り越えようとすると、大抵うまくいきません。自分自身や仕事の一つ一つをしっかりと分析した上で、たくさん失敗しましょう。

計画⇒行動⇒分析⇒行動(PDCA)を意識することで、仕事の基本が身についていきます。

仕事を優先順位付けする

「どの仕事も全然進まない」「仕事に追われて疲弊している」といったお悩みをお持ちではありませんか。

仕事が思い通りに完結していない方は、大抵キャパシティー以上の仕事をやろうとしているか、やり方が悪いかです。

やり方を覚えて解決しようとする方法は、社会人一年目にはややハードルが高いです。

社会人一年目の方は、やるべき仕事の優先順位付けができるようになりましょう。
優先順位付けの考え方は、緊急度と重要度の2軸で考えましょう。とはいっても、優先順位付けを最初からすることも難しいので、一度仕事をしてみて、その後に優先度が高かったかを評価していくことをおすすめします。

次のその仕事を行う時に、優先順位が高いかどうかがすぐ判断できるようになります。

周囲をうまく使う

「自分の実力は予想以上に低かった」「わからないことだらけでどうしたらいいのかわからない」といった悩みを持ったことはありませんか。

社会人一年目で自分だけで仕事を進めようとすると、うまくいかないことが多々出てきます。

自分だけで仕事を進めようとしている方は、「自分ではこの仕事はできない」と割り切ることも重要です。

思い悩むことやわからないことがあれば、周囲の上司やチームメンバー、同期をうまく使いましょう。周囲を使うことで、自分のノウハウも増え、仕事が成功しやすくなります。

プライベートを充実させる

「仕事に追われて余裕がない」「どれだけ仕事をやってもうまくいかない」と悩んだことはありませんか。

社会人一年目になると、成果が出ないために、仕事にたくさんの時間をかけ過ぎてしまいます

仕事に時間をかけること自体は悪くないのですが、余裕の持てる範囲で仕事に取り組みましょう。余裕がなくなると、仕事にミスが出たり、かけた時間に対しての成長度も低くなるからです。

そうならないために、休日や退勤後の時間をリフレッシュできる時間にしていきましょう。

上司とは仕事以外の話もする

「上司から指摘ばかりされる」「上司から意見を素直に聞くことができない」といった悩みを持ったことはありませんか。

自分の仕事や成果を評価してくれるのは、上司ですが、上司との関係性が悪いと、アドバイスを聞く耳を持たなくなります。上司との関係性は、自分の成長度合いや仕事の質にも影響するため、関係の質を改善することは非常に重要です。

仕事に嫌気が指している人は、上司との関係性を見直してみましょう。関係性を保つのに意識することは、上司と雑談を大切にすることです。仕事以外の話をすると、グッと距離が縮まります。

企業要因で解決できない悩みもある

社会人一年目で抱えがちな悩みの「あるある」を説明してきましたが、どうしても解決できないこともあります。

企業の風土や制度に依存することは、自分だけでは変えづらいです。そういった悩みにぶつかっていないか確認してみてください。

以下に社会人一年目が解決しづらい悩みを紹介していきます。

  1. 給与水準が著しく低い
  2. 労働時間が長い
  3. 上司との相性が悪い

給与水準が低い・労働時間が長い、というお悩みは企業の制度に依存します。一人だけ労働時間を短くしてもらうことなども難しいため、どうしようもない悩みだったりします。

上司との相性が悪い、というお悩みには解決できないものも存在します。例えば、企業の風土自体が体育会系の場合などです。自分の性格上、受け入れられない場合もあります。

以上のように、個人だけではどうしても解決できず、適応できない場合には無理せず仕事を変えるのも一つの選択肢です。入社一年目から負の体験をし続けることで、体調や精神面に影響する場合もあるので、無理はしないことが大切です。

どうしても悩みを解決できない方へ

入社後、どうしても悩みを解決できない方は、自分のキャリアを見つめ直してみましょう。

自分が入社前にどんなキャリアを望んでいたか、今どんなキャリアを望んでいるかを考えてみましょう。
現職での良いところ、悪いところがはっきりと見えてくるはずです。

現職がどうしても合わない場合は、他の職場を一度探してみましょう。
本格的に転職を考えていなくても、どんな求人・職場があるのかを知る機会になります

仕事を探す際に、おすすめなのは転職エージェントを活用してみることです。
転職エージェントは、キャリア相談に乗った上で、自分が希望する求人を提案してくれます。社会人一年目で職場を変えるべきか否かの相談もでき、総合的に職を変えるべきかをアドバイスしてくれます

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます。
特に日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、社会人一年目の悩みを徹底的にヒアリングしてくれるため、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

この記事が社会人一年目の方が悩みを把握・解決でき、生き生きと働ける一つのきっかけになっていただければ、非常に嬉しいです。