20代で年収1000万円を超える人の割合や特徴|年収を上げるには

20代で年収1000万円を超える人の割合や特徴|年収を上げるには

20代で年収1000万円に到達してみたいと思っている方で、

  • 20代で年収1000万円を稼げる割合はどれくらいなの?
  • 20代で1000万円以上稼いでいる人はどんな人?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、20代で年収1000万円を超えている人の特徴を解説した上で、年収1000万円に到達する方法を網羅的にご紹介します。

20代で年収1000万円以上稼いでおくと、生活に余裕が持てることはもちろん、何より中長期的に自分のキャリアを高めやすくなります。
20代で年収1000万円超えのキャリアについて考えてみましょう。

20代で年収1000万円を超える人の割合

令和元年(2019年)の民間給与実態統計調査によると、日本全体の中で、年収1,000万円以上の方の割合は、5%程度でした。
20代だけで考えると、年収1,000万円以上の方はかなり希少といえるでしょう。

ちなみに、20代前半の平均年収は264万円、20代後半の平均年収は369万円でした。
(ただし、正規社員に加えて、非正規社員分も含む)

20代で年収1000万円を超える人の割合が少ないことから、到達するには難易度が高いことがわかります。

20代で年収1000万円を超える人の特徴

20代で年収1000万円を超えている人には傾向があります。
年収1,000万円に到達するには、高い経験値やスキルが求められる職業に就く必要があり、それだけ仕事の難易度が高いです。

何年働いても年収1,000万円を超えるには難易度が高いのですが、20代で年収1,000万円を超えている人の特徴をいくつかご紹介します。

  1. 基本給が高い企業に新卒入社 or 転職
  2. 報酬形態がインセンティブ型
  3. 難関資格を取得している
  4. 高い専門技術を持っている

基本給が高い企業に新卒入社 or 転職

基本給が高い企業群には、大手日系企業や外資系企業があります。

大手日系企業では、新卒入社時は平均並みの給与ですが、20代後半になると、一気に給料が上がり、年収1,000万円を超えることができます。賞与の割合が大きく、6ヶ月〜9ヶ月分の給与がもらえる企業もあります。

大手日系企業で年収1,000万円を目指すのであれば、新卒入社で昇格していくことをおすすめします。転職ですと、一定の経験年数が必要なため、年収アップがしづらいです。

外資系企業では、ビジネスレベルの英語力が必要され、高い成果が求められます。高い年収をもらえる一方で、実力がないと年収を上げられないばかりか、クビになるリスクもあるシビアな世界です。

外資系企業では、実力があればいつでも転職可能なため、成果次第では年収1,000万円も目指せるでしょう。

報酬形態がインセンティブ型

インセンティブ型の給与体系であれば、自分の成果次第で年収1,000万円を稼ぐことができます。

インセンティブ型の仕事は、基本的に営業職とお考えください。営業職以外でもインセンティブがありますが、年収に大きな影響を与えない程度の額です。

20代でもし受け取っている年収以上の実力を持て余している方や仕事に充てる時間が有り余っている方にとって、インセンティブの営業職は非常に適した職種といえるでしょう。

インセンティブ型でも、高給与な業界を選ぶことが重要です。

難関資格を取得している

難関資格を持っていれば、その資格を持っていないと従事できない業務に携わることが可能です。
以下に紹介するどの難関資格も、国家資格のため、取得難易度は高いです。

  • 医師
  • 弁護士
  • 弁理士
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 司法書士

これらの資格を取得していると、年収の高い職種に就くことができるため、20代で年収1,000万円を超えることは十分可能です。

高い専門技術を持っている

難関資格と同様に、高い専門知識や技術を持っている方は企業に重宝されます。

例えば、ITエンジニアや研究職などです。

学生時代から専門技術を高めてきた方にとっては、その専門技術を極めることで、年収1,000万円に近づくことができます。

特にITエンジニアは、ここ数年どの企業も採用を強化しており、優秀な人材には1,200万円以上の年収も提示してるくらいです。企業が求めているスキルや言語に沿って、新たにスキルを付けていくことも一つの選択肢です。

20代で年収1000万円を超える方法

次に、20代で年収1,000万円を超える方法を紹介します。
1,000万円を稼ぐには、自分の実力を高めていくか、実力を生かせる職業に就く方法があります。

そこで、中長期的・短期的に年収を高めていく方法をそれぞれ解説していきます。

中長期的に実力を高めて、年収を上げる方法

今のあなたに生かせる実力が十分にない場合は、短期的に年収を上げるよりも、今やれることを中長期的に行いましょう。

高い専門知識・技術を身に付ける

現職で仕事を行いながら、高い専門知識を身に付けることで、後々の年収アップにつながります。
現職に関連した専門知識であれば、より実戦向きなスキルが身に付くため、年収が上がりやすくなります。

新しい専門スキルに挑戦してもいいですが、難関資格は少なくとも2〜3年ほどは取得に時間がかかるため、無理なく身につけたいスキルに挑戦することが重要です。もちろん、難関資格に思い入れがある人は中長期的に取得していきましょう。

気軽に挑戦できるいくつかおすすめの資格やスキルをご紹介します。

  • プログラミング言語
  • コンテンツ制作(動画、ウェブサイト制作、SEO、Youtubeなど)
  • 英語力

これらのスキルは市場のニーズとして高まっているため、初心者の方でも十分身に付けることが可能なスキルです。
特に、プログラミング言語の習得や動画制作は市場が年々拡大しているため、挑戦する絶好の機会といえます。

副業の収入を得る

本業で安定した収入を得ていることは大前提ですが、副業を行うことで、年収1,000万円を目指すことも可能です。

ただし、副業の収入も専門スキルが必要になるため、短期的に稼ぐことは難しいです。
副業で必要なスキルも、時間をかけて習得していく必要があるのです。

副業を行うメリットは、本業では身につけられないスキルを高められるとともに、お金を稼ぐことができることです。

副業で徐々にスキルを上げることで、報酬も高まるので、本業で余裕がある方や本業での給与が上げづらい方にはおすすめです。

上記で説明したプログラミングやコンテンツ制作や非常に副業に生かしやすいです。

自分の実力を生かして、短期的に年収を上げる方法

インセンティブ型の仕事に就く

インセンティブ型は成果報酬型のため、高年収を狙えますが、その分成果への高いコミットが求められます。
そのため、人によって合う・合わないが如実に表れます。

ストレス耐性が高い方や成果主義の文化を好める方には向いているでしょう。

インセンティブ型で高収入を狙いたい方は、不動産業界や保険業界、金融業界の営業職がおすすめです。
各業界の年収基準の詳細は後ほど説明します。

高年収の業界・職種に就く

20代で年収1,000万円を超えたい方は、給与水準が高い業界や職種を選びましょう。

業界や職種によって、年収は大きく異なります。

高年収の業界は、直近で見ると、市場ニーズ的に、M&A業界やコンサルタント業界、金融業界の年収が上がっているため狙い目です。

高年収の職種では、ITエンジニアやコンサルタントが狙い目です。

20代で年収1000万円を狙える業界

具体的に、20代で年収1,000万円を狙いやすい業界を紹介します。
以下に紹介する業界は、20代で年収1,000万円を超えている人が多い業界です。

M&A業界

ここ数年、後継者不在の解決や成長戦略の一環としてM&Aが活用されることが多々あります。

市場のニーズが顕在化してきており、各社人員確保が急務となっているため、未経験の採用が活発化しています。

M&A業界は、国家資格や英語力があれば、即戦力として活躍できますが、これまで培った営業力を生かすことができます。業界未経験でも、年収1,000万円以上を十分稼げる業界のため、M&A業界は異業界へ転職する場合でも非常におすすめです。

金融業界

金融業界は、安定的に平均年収が高い業界で有名です。

特に証券会社や投資銀行、投資信託の給与は年収が高いため、20代で年収1,000万円を十分に狙うことができます。
具体的には、野村HDや三井住友トラストHD、イーギャランティ、マーキュリアインベストメントなどです。

一方で上記の企業は、かなりハードだという評判もあるため、覚悟がある方だけ挑戦することをおすすめします。

コンサルタント業界

コンサルタント業界は、経営課題に直結した案件が多く、案件の単価が非常に高いことが特徴的です。

論理的思考力を生かしたい方はコンサルタント業界で年収1,000万円を狙いましょう。

コンサルタントの職種の中でも、戦略コンサルタントや経営コンサルタントは比較的、20代で1,000万円を狙いやすいです。

専門コンサル(人事、マーケ、ファイナンス)やITコンサルは年収800万円程度は狙えますが、年収1,000万円に到達する難易度は高いです。

総合商社

総合商社も取引の単価が高いため、1人あたりの売上が非常に大きいです。
そのため、年収も非常に高く、20代で年収1,000万円を超える人が多いです。

ただし、総合商社は第二新卒や20代の中途採用は行っていないため、20代で1,000万円に到達している方のほとんどは、新卒採用で昇進した方です。

直近は人件費の削減に伴い、採用の強化を行っており、中途採用の間口は広がっています。総合商社でのキャリアを望んでいる方にはおすすめです。

20代で年収1000万円を狙える職種

次に、20代で年収1,000万円を狙いやすい職種を紹介します。

ITエンジニア

すでにIT人材が市場で不足しており、年々事態が深刻化しています。

AIやIoT、ビッグデータなど、技術の発展に伴い、最新技術の人材不足が嘆かれています。

そのため、未経験での採用が増えており、企業はITエンジニアの育成・採用が急務となっています。

高度な技術を身につけている人であれば、新卒から年収1,000万円を稼いでいる方もいるくらいです。

コンサルタント

コンサルタント職は、専門知識がなくても、高給与を稼げる職業です。

多少な専門知識(メーカー、IT、マーケ、人事など)は必要になりますが、課題解決力が仕事の成果に大きく寄与します。

外資系コンサルティングファームのマッキンゼーなどは、戦略コンサルティングファームですが、戦略系が最も年収が高いです。

論理的思考力や課題解決力に自信がある方は、一度コンサルタントに挑戦してみるといいでしょう。

不動産/保険/金融業界の営業

不動産、保険、金融業界の営業は、他の業界の営業職よりも圧倒的に年収が高いです。

その理由はインセンティブ型の報酬形態かつ、高いノルマが設定されていることにあります。

営業力が非常に高い方は、20代で年収1,500万円程度を稼いでいる人も多く、稼げる年収幅は非常に幅広いです。

若いうちに稼ぐことにコミットしたい方には、おすすめの業界です。

研究職

研究職は、非常に高い専門知識が求められる職業です。

学生の頃から、専門に特化した勉強をしている方が多く、片手間で身につくものではありません。

学生の頃、専門知識を深く極めてきた方は、研究職でキャリアアップすることをおすすめします。

20代で年収1000万円以上の仕事に転職するコツ

年収1,000万円を超える仕事に就くには、以下の2つを意識しましょう。

  • 自分の市場価値を知ること
  • 年収1,000万円の求人を見てみる

転職エージェントに相談すると、自分の実力を客観的に評価してくれ、高年収で転職できそうな求人を紹介してくれます。

転職エージェントは数多くの転職希望者のサポートをしてきたため、年収1,000万円を狙えるかどうかを評価してくれます。さらに、高年収での転職を目指している方には、優先的に対応してくれる傾向があるため、年収アップできるように手厚くサポートしてくれるでしょう。

転職エージェントを活用する際には、年収交渉を有意義に活用しましょう。年収が低くても、担当者が企業側に交渉してくれます。

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます。
ハイクラス向けの求人を多く保有するJACリクルートメントは豊富な求人があり、年収を1000万円以上まで高めた経験も豊富で、非常におすすめの転職エージェントです。

年収1000万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。JACリクルートメントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

転職が実現した後、「転職してよかった」「この選択が自分にとってベストだった」そういった転職が実現できるよう、少しでも力になれましたら幸いです。