20代で年収500万円は高い?500万以上稼ぐには転職がおすすめ

20代で年収500万円は高い?500万以上稼ぐには転職がおすすめ

20代で年収500万円を超えていない方で、

  • 20代で年収500万円以上稼げてなくて、今後が心配
  • 20代で500万円以上稼ぐにはどうしたらいいの?

と不安をお持ちではありませんか。

この記事では、年収500万円が20代で平均的に高いかどうかを解説した上で、500万円以上に年収アップしていく方法を紹介します。

20代で年収500万円以上稼いでおくと、今後のキャリアが優位になるため、改めてキャリアを見つめ直してみましょう。

20代で年収500万円は平均より高い?

令和元年(2019年)の民間給与実態統計調査によると、20代前半の平均年収は264万円、20代後半の平均年収は369万円でした。

20代で年収500万円は比較的高い年収であることがわかります。
ただし、正規社員と非正規社員で給与の金額に差があり、日本全体の正規社員で平均503万円、非正規で175万円となており、非正規分で20代の平均年収も下がっていることはご留意ください。

平均と比べると、年収500万円以上の方は高い部類ですが、20代でどれくらいの割合が500万円以上稼いているかも確認しておきましょう。

20代で500万円以上の方の割合

全体で500万円以上の方の割合は、30.6%でした。
500万円未満の方が7割と、多数派といえます。

20代で500万円以上の割合に関する正式なデータはありませんでしたが、全体で3割しかいないと考えると、20代で500万円以上実現している方は少ない部類でしょう。

20代で年収500万円の立ち位置がわかった方は、実際に自分の年収と比べてみましょう。
比べる際に、自分の年収が自分の能力値に合った年収かどうかを見極めることが非常に重要です。

自分の年収は適正年収か?

あなたの年収には、残業代や交通費が含まれていませんか。
この項目が年収に含まれている方は、適正年収でない可能性があります。

適正年収は自分の属性やスキルなどを鑑みて、価値に見合った年収のことです。

残業代は企業から与えられた仕事を時間内に行えなかった分を、時間外で行った労働に対して支払われる給与です。
そのため、残業代の含まれた年収は自分のスキルより、かさ増しされた年収である可能性があるのです。

また、中小企業で役職付きの仕事を行ったが、大手企業ではメンバークラスで、年収500万円には届いていなかったケースもあります。

20代で年収500万円以上あったとしても、その内100万円は時間外給与であれば、適正年収でない可能性が高いです。

適正年収を見直す重要性を理解した上で、自分の市場価値を見極める方法を解説いたします。

求人倍率はここ数年低下している

DODAのレポート(2021年1月)によると、転職市場の求人倍率は、1.83倍まで下がっています
前年同月比から、0.77ptの低下です。

ここ7年間で求人倍率がここまで下がったことがなく、転職希望者にとってかなり不利な状況となっています。

転職求人倍率

求人倍率が低下している背景は、経営状態の悪化に伴い、無駄な人件費を削減しているからです。
企業にとっては、利益の増加に直結する人材を求めているため、20代や第二新卒、未経験の採用が減っているのです。

企業は今、即戦力の人材採用に注力しています。

今後はスキルや経験に対して報酬が支払われる

どの企業も即戦力の採用に力を入れており、企業内の雇用制度や報酬形態も変わりつつあります

雇用制度では、ジョブ型雇用といわ、れる特定の職務を遂行できる人を採用する雇用が推進されています。

そのため、重視されるのは年齢や社歴、学歴、意欲というより、顕在化された「スキル」です。仕事に人を合わせていく「仕事基準」の採用と言えます。従来は、スキルがない状態で研修を通じて中長期的に育成していくスタイルでした。

ジョブ型雇用への移行に伴い、自分のスキルや成果により評価され、報酬が決まります。従来は、年齢や勤続年数で決まる部分も多かったですが、予め決められた職務を実行できたか否かが重要視されます。

20代後半以降は即戦力人材を目指すべき

20代で自分の市場価値を高めていないと、最悪企業からクビにされたり、転職したくてもどこも採用してくれない状況も考えられます。

そうならないために、20代後半に一定のスキルを身につけ、年収500万円以上を目指せるようにしましょう。

20代後半で年収500万円を実現できると、30代以降でも企業から求められる人材になっている可能性が高いです。
その後の年収も上げやすくなるのです。

20代前半から様々なスキルを身につけ、自分の市場価値を上げることが今後のキャリアアップのしやすさに繋がります。

自分の適正年収を調べてみる

今の自分の実力を客観的に知りたい方は、転職エージェントを活用してみましょう。

現職では430万円程度だが、他の企業から提示される年収は380万円程度だったと知ることができます。
逆に、現職よりも高い年収を提示される場合もあり、現職だけではわからない自分の市場価値がわかるのです。

転職エージェントを使うと、自分のスキルに対して、どれくらいの年収が適切かを知ることができます

リクルートエージェントは日本一の転職支援の実績を有しており、キャリアアドバイザーが自分の実力に合わせた求人を提案してくれます。圧倒的な求人数を抱えているため、20代で年収500万円以上の求人も紹介してくれる可能性が高いです。

また、JACリクルートメントは、年収500万円以上の転職実績が業界トップクラスです。各業界に特化したキャリアアドバイザーが転職実現可能な高年収の求人を紹介してくれます。

求人をいろいろ見てみることで、自分の年収が適正年収かどうかを確かめてみましょう。

20代・年収500万円以上の生活水準

実際に20代で年収500万円以上稼げるようになると、どのような生活ができるか解説します。

年収500万の手取りは395万円程度です。
月収は36万円、月収手取りで、約28万円です。(月収=年収÷14ヶ月と仮定。)

生活費の内訳は以下のようになります。(※1人暮らしの場合)

家賃 9万円
水道光熱費 1万円
食費 5万円
通信費 1万円
日用品費 2万円
交際費 5万円
貯金 5万円
合計 28万円

貯蓄を5万円ほどする場合でも、家賃に9万円、食費と交際費に5万円づつ使うことができます。

一人暮らしの場合だと、自分の好きなことをしたり、好きなものを食べる生活ができるようになります。

20代で年収500万円以上は、比較的余裕のある生活ができるようになる水準です。

20代で年収500万円以上を稼げる仕事

20代で年収500万円以上を稼ぎたい方におすすめの業界や職種を紹介します。

20代で年収500万円以上を稼げる業界

高い年収で転職可能な業界を4つ紹介します。

平均年収が高い順に、メーカー、金融、総合商社、IT/通信業界です。(引用:DODA
経営状態が苦しい企業が多い一方で、上記の4つの業界は最小限に影響を留めています。

特に、金融業界やIT業界の年収は近年上がっており、衰退している業界に代わり、ITの強みを駆使し、市場を拡大させています。

20代で年収500万円以上を稼げる職種

高い年収で転職可能な職種を5つ紹介します。

平均年収が高い順に、コンサルタント職、管理職、メーカー系技術職、ITエンジニア、営業です。(引用:DODA
コンサルタントや専門職、バックオフィスなどが安定して高いことがわかります。

企業の経営に直結するコンサルや管理職は市場価値が非常に高いです。

比較的どなたでも年収500万円以上を実現できるおすすめの職種は、ITエンジニアや営業です。
ITエンジニアはどの企業でも不足しています。営業は成果報酬型の報酬体系であれば、年収500万円以上が実現しやすいです。

20代で年収500万円以上を稼ぐには転職がおすすめ

20代で年収500万円以上稼ぐには、一度転職活動することを考えて欲しいです。

今転職を考えていない方でも、転職活動を行うことで、上記で説明した通り、自分の適正年収を知ることができます。

転職活動するメリットは、何より20代で年収が500万円稼いでいない方が、500万円に到達できる最も効果的な手段なのです。

新卒で入った会社の経営状態が思ったより悪かったり、業界の年収が低かったりと、その業界・企業に在籍することがもったいない可能性があります

転職活動では、安定している業界・企業に転職できるチャンスがあるのです。今後ニーズのある職種であるかも確認しておきましょう。

業界や企業、職種による年収の上げづらさがあることを考慮し、年収500万円以上を稼げる企業への転職を考えていきましょう。

転職エージェントから年収アップのサポートを受ける

年収をアップするには、自分だけで転職活動するよりも、転職エージェントにサポートしてもらうことをおすすめします。

自分で年収交渉を実施するとなると、交渉ごとに慣れていれば別ですが、企業側から直接「年収を上げることが難しい」と説得されやすかったりと、交渉の主導権を握りづらいです。

転職エージェント経由であれば、第三者を介するので、年収交渉に必要な要素を整理してくれたり、交渉の主導権を握ってくれます

年収アップのサポートを十分受けられるように、転職エージェント選びの際には、以下の2つのポイントに気を付けましょう。

  • 年収アップの転職実績が豊富か
  • 年収の高い求人が多いか

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます。
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、年収を500万円以上まで高めた経験も豊富で、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

年収500万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

転職が実現した後、「転職してよかった」「この選択が自分にとってベストだった」そういった転職が実現できるよう、少しでも力になれましたら幸いです。