年収420万円の手取りはいくら?生活レベル別でかかる費用も解説

年収420万円の手取りはいくら?生活レベル別でかかる費用も解説

  • 年収420万円の手取りはいくら?
  • 年収420万円で生活できる水準は高い?

といった疑問をお持ちではありませんか。

年収420万円の額面年収がもらえるといっても、手取りでもらえる金額でどの程度の生活ができるかイメージしにくいかと思います。

この記事では、年収420万円の手取り額と生活レベル別にかかる費用を紹介した上で、各費用にかけるべき金額の目安も解説していきます。

この記事を通して、年収420万円を生活費に適正に使えるようになります。年収420万円の生活水準を履き違えて、後々、後悔しないようにしましょう。

年収420万円の手取り額

手取り給料とは、給与の総支給額から社会保険料や所得税などの「総控除額」が引かれた後に支払われる給料を指します。

年収420万円の手取り額は、配偶者の有無と子供の扶養の有無により異なります。
3パターンに分けて、手取りの目安を解説していきます。

パターン 手取り年収 手取り月収
一人暮らしの場合 330万円 27.5万円
配偶者有りの場合 335万円 27.9万円
配偶者・子供の扶養有りの場合 340万円 28.3万円

パターンによって、手取りの年収が異なるのは扶養人数によって、所得税と住民税が異なるためです。

扶養人数が増えるごとに、手取り年収は高くなります。

年収420万円の生活レベル

年収420万円の場合の手取り年収で生活可能なレベルをパターン別に紹介します。

1人暮らしと2人以上世帯の場合で、どのような生活が送れるか確認しましょう。

1人暮らしの場合

年収420万円、手取り27.5万円の場合にどのような生活を送れるのでしょうか。

家賃を負担するか・居住地域などで異なってきますが、家賃を負担・東京在住の場合の内訳を紹介します。(※1人暮らしの場合)

家賃 8万円
水道光熱費 1万円
食費 5万円
通信費 1万円
日用品費 3万円
交際費 3.5万円
貯金 6万円
合計 27.5万円

貯蓄を6万円ほどする場合でも、家賃に8万円、交際費に3.5万円づつ使うことができます。

一人暮らしの場合だと、散財しない限り、自分の好きなことをしたり、好きなものを食べる生活ができるレベルです。

2人世帯以上の場合

次に2人以上世帯で年収420万円以上の場合の生活レベルを解説します。

年収420万の月収手取り約28万円だと、1人扶養が増えたとしても、手取りはあまり変わりません。

同居人の人数・居住地域などで異なってきますが、夫婦が東京在住の場合の内訳を紹介します。(※2人暮らしの場合)

家賃 13万円
水道光熱費 2万円
食費 7万円
通信費 1万円
日用品費 3万円
交際費 5万円
貯金 8万円
合計 39万円

1人暮らしの場合と同じような生活水準かつ貯金を一定行う場合には、1ヶ月の手取りは39万円程度必要になります。

共働きの場合は、生活レベルを落とさずに余裕を持って生活することが可能になります。

年収420万円手取りの適正な配分額は?

年収420万円で余裕を持った生活を行う場合に、手取りを以下の3つの項目に適正に配分することを意識しましょう。

適正な費用以上に特定の項目に使いすぎると、生活に余裕を生み出すことができなくなります。

  1. 固定費
  2. 娯楽費
  3. 貯金

例えば、固定費の家賃を欲張りすぎると、娯楽費や貯金をすることができなくなってしまいます。

この3つの適正なバランスを見極めましょう。

年収420万円の適正な固定費

年収に合った固定費に抑えることが3つの中で最も重要です。
固定費は、家賃・水道光熱費・食費・通信費、日用品費で構成されます。

年収420万円の方の場合、家賃が最も大きい割合を示します
家賃は年収の20%〜25%が適正といえます。30%を超えると、家計を圧迫します。7万円〜8.75万円程度が適正家賃です。

また、食費の占める割合も比較的大きいです。5万円程度に抑えることで、他の費用を圧迫しなくなります。

年収420万円の適正な娯楽費

娯楽費は、交際費や衣料品で構成されます。

交際費や衣料品は自分の好きなことを行うために重要な費用ですが、浪費しないように気をつけましょう。

交際費と衣料品を合わせて、1ヶ月6万円〜7万円程度に収まるようにしましょう。

年収420万円の適正な貯金額

年収420万円の場合、適正な貯金額は1ヶ月あたり6万円程度です。

8万円程度の家賃を支払い、月に数回の外食、数回の飲み会、好きな趣味を行う場合、1ヶ月6万円程度貯金していれば十分です。

ただし、中長期的な貯蓄(教育、マイホームの購入、老後の生活など)に備えることも踏まえると、1ヶ月6万円程度では少ないです。教育+マイホーム+老後に必要な費用は、9400万円程度です。

ライフイベント 平均費用
子供の子育て・教育 2,400〜3,000万円
マイホームの購入 4,000万円
老後の生活 3,000万円

例えば、老後の資金を若いうちから貯金していく場合、1ヶ月5万円程度の貯金が必要です。

加えて、教育費も賄うとすると、1ヶ月10万円程度貯金できると、十分な貯金ができているといえるでしょう。

貯金額10万円となると、年収420万円ではやや不十分なため、給料がもう少し上がった段階で貯金10万円を目指しましょう。

年収420万円は高い方?

次に、年収420万円が高いといえる水準かどうかを確認してみましょう。

年収420万円の人の割合

令和元年(2019年)の民間給与実態統計調査(非正規分含む)によると、日本全体の平均年収は、436万円です。

年収420万円の年収は全体よりも、やや低い年収といえそうです。

日本全体で年収400万円以上の人の割合は、45.2%です。2人に1人は年収400万円超えの年収であるといえます。

ただし、20代だけで見ると、平均年収は以下のように、400万円を下回ります。

年齢層 平均年収
20代前半(20歳〜24歳) 264万円
20代後半(25歳〜29歳) 369万円
※引用:令和元年(2019年)の民間給与実態統計調査(非正規分含む)

勝ち組といえる年収は600万円以上

年収420万円は日本全体の平均年収と同等であり、勝ち組といえる年収ではないといえます。

では、勝ち組といえる年収はいくらになるのでしょうか。

2人暮らしでも余裕を持って暮らすことができ、貯金も将来のために十分に行えることを「勝ち組」といえる基準と考えると、勝ち組の年収は600万円程度です。

2人暮らしを行う場合も、将来に向けて貯金する場合も、手取り月収が40万円必要になるからです。

年収420万円で満足えず、今後に備えて、手取り月収40万円、年収600万円を目指していきましょう。

年収をアップするコツ

年収が420万円まで上がっている人は、一定のスキルが身についているため、年収や仕事のレベルが上がり、市場価値が上がっている可能性があります。そのため、活躍できる範囲が広がるのです。

もっと自分の可能性を広げたい方は、今の会社で適正な年収を得られているのか確認しましょう。

これまでにまだ転職を経験していない場合は特に、今の会社での状態を疑うべきです。

例えば、20代後半で1社のみの経験の場合、自分のスキルに対して、適正な年収範囲を超えている可能性があります

現職で3年以上いると、昇給するのが当たり前です。昇給幅が思った以上に小さい場合や直近昇給していない場合は、適正な年収が得られているか疑ってみましょう。

適正年収を測る場合は、転職エージェントや転職サイトで求人を見てみましょう。同じ業界・職種の求人をみてみると、自分の年収が低い方なのか、高い方なのかが明確にわかります。

現職の会社の業績や評価制度、給与体系が年収の低さに影響している可能性もあるため、自分の会社が健全かどうかも含めて確認することをおすすめします

適正年収を測ってみる

転職エージェントに相談すると、自分の実力を客観的に評価してくれ、高年収で転職できそうな求人を紹介してくれます。転職エージェントは、適正年収を測る目的でも活用でき、今転職を考えていない方でも有効に活用することができるのです。

転職エージェントは数多くの転職希望者のサポートをしてきたため、現職より高い年収を狙えるかどうかを評価してくれます。さらに、高年収での転職を目指したい方には、優先的に対応してくれる傾向があるため、年収アップできるように手厚くサポートしてくれるでしょう。

また、転職エージェントを活用する際には、年収交渉を有意義に活用しましょう。年収が低くても、担当者が企業側に交渉してくれます。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

3.8点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【20代・未経験の転職】に特化した転職エージェント
  • スキルに自信がない方におすすめのサービス
  • フリーター・既卒・第二新卒の求人が豊富
  • 未経験の転職実績が豊富


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

3.6点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

ハタラクティブはスキルに自信がない20代でも、転職成功する確率が他のサービスより高いです。
未経験の求人が豊富にあり、自分に合った求人を提案してくれます。
未経験で転職できるように選考対策も十分に実施してくれるため、未経験で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】ハタラクティブに
登録する

「年収420万円で暮らせる生活レベルがわかった」「年収を高める重要性がわかった」という気づきをもたらすことができましたら、大変嬉しく思います。

 

 

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数