手取り25万円は平均より高い?手取り25万円の生活水準を解説

手取り25万円は平均より高い?手取り25万円の生活水準を解説

現象の生活に不満を感じている方や将来に不安を感じている方で、

  • 手取り25万円は、平均より高い収入なのか?
  • 手取り25万円の生活はどうなのか?

と疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、手取り25万円を日本全体の平均給与と比較した上で、代表的な生活水準を解説していきます。

もっと高い水準で生活を送りたいと思った方や将来のために手取りを上げたいと思った方は、手取り25万円以上に上げるためにすべきことをご覧ください。

手取り25万円に満たしていない方も満たしている方も、手取り25万円で満足できる生活ができているか考えてみましょう。

手取り25万円は平均より高い?

「手取り25万円」は、日本全体の平均に近い収入となります。

また、手取り25万円が高いかどうかを考える際、年齢によって基準が異なります。

年齢帯別の平均の手取りで考えると、

  • 新卒で手取り25万円は高い
  • 20代後半で手取り25万円は平均的
  • 30代で手取り25万円は若干少ない
  • 40代で手取り25万円は少ない

といった見方ができます。

手取り25万円の方の年収と日本全体の平均年収を比較してみましょう。

手取り25万円の額面(月収)と年収

手取り給料とは、給与の総支給額から社会保険料や所得税などの「総控除額」が引かれた後に支払われる給料を指します。

毎月の手取りが25万円の場合、額面では約30万円年収では約360万円~420万円程度です。
年収幅は、ボーナスなしの場合と1年間に2ヶ月分の賞与をもらっている場合を考慮した幅です。

年齢帯別における手取り25万円の場合の年収と日本全体の平均年収を比較して、どちらが高いかを比較します。

手取り25万円の方の年収 約360万円~420万円
日本全体の平均年収 約436万円
20代後半の平均年収 約369万円
30代前半の平均年収 約410万円
30代後半の平均年収 約445万円
40代前半の平均年収 約476万円

30代前半までは、手取り25万円の年収を下回っており、30代後半以降になると、手取り25万円以上の給与をもらっている方が多くなります。

日本全体の平均給与は、436万円となっており、手取り25万円は平均程度の収入といえます。

手取り25万円の生活水準

手取り25万円でどんな生活を送れるのか理解できるように、各費用の目安について詳細に解説していきます。

まずは手取り25万円の方の生活費の内訳をなんとなくイメージしましょう。

手取り25万円の生活費の内訳

手取り25万円の方の代表的な内訳は以下のようになります。

同居人の人数・家賃を負担するか・居住地域で異なってきますが、家賃を負担・東京在住の場合の内訳を紹介します。

家賃 6~8万円
水道光熱費 1~2万円
食費 3~5万円
通信費 1~2万円
日用品費 1~2万円
交際費 4~6万円
貯金 3~5万円
合計 25万円

同居人の数が多ければ、各費用が増える可能性があります。
例えば、家族3人で暮らしている場合は、家賃を抑えて、食費がかさむ可能性があります。

手取り25万の暮らしは、都市に近ければ近いほど、同居人の人数が増えれば増えるほど、節制を強いられることがわかります。

次に、各費用の目安やその目安内でどんな生活ができるのかがわかるように解説します。

家賃の目安

手取り25万円の方の家賃の目安は、一般的に手取り金額の3分の1程度といわれています。
つまり、手取り25万円の場合は、83,000円程度の家賃が妥当な金額といえます。

83,000円を超えてしまうと、他の費用を削る必要が出てくるため、家賃以外で節制が必要とされます。
住む場所や部屋のクオリティーを優先したい方の場合は、家賃を多く支払い、固定費(水道光熱費、通信費)を削減することをおすすめします。

東京で家賃83,000円の物件の場合、20平米の1Rもしくは1Kが平均水準といえます。都内の場合、都心に近くにつれて家賃が高くなります。一方で、1都3県から離れると、8万円で1LDK以上の物件に住むことも可能です。

貯金額の目安

手取り25万円の方の貯金額の目安は、3~5万円程度です。

家賃や食費、交際費を中心にひかれると、残る金額は3万円程度です。

ただし、交際費を節制した場合に5万円程度の貯金も可能ではあります。

家族を養わなければならない場合は、貯金は必須ですが、手取り25万円で貯金をしていくにはある程度節制する覚悟が必要です。

次に、具体的な生活形態別の暮らしの水準を紹介していきます。

生活形態別の生活水準

手取り25万円もらっている方の生活水準をパターン別に紹介していきます。

実家暮らしか否か、同居人がいるか否かによって、生活水準が大きく異なってくるため、自分にあてはまるパターンでどんな暮らしができるか見ていきましょう。

実家暮らし

実家暮らしは家賃の支払いがない分、かなり余裕を持って暮らすことができます。

貯金額も5万円以上はでき、自分が好きなことにお金を使える費用も多くなります。実家暮らしで手取り25万円の方は安心して生活できるでしょう。

一人暮らし

都内で1人くらいの方は、貯金や交際費、趣味に使うお金を安定して残すことはしにくくなります。
家賃だけで8万円ほど引かれるため、それだけで自由に使えるお金が減ります。

ただし、都内でも都心から少し離れたところに住めば、余裕のある生活ができるでしょう。
貯金や交際費で5~10万円程度残すことも可能です。

パートナーと二人暮らし

パートナーが同じ収入の場合、ひとり暮らしの場合よりも、余裕のある生活が可能です。
家賃が12万円だとしても、二等分で1人6万円の費用で済みます。つまり、住居の水準を一段上げることができるということになります。
食費や通信費、光熱費なども二等分になります。

一方で、パートナーの分も負担する場合、交際費で自由に使ったり、貯金をすることはかなり難しくなるでしょう。

家族暮らし

配偶者が同程度の収入の場合、最低限家族を養える程度の生活が可能です。
しかし、子供を育てるには自分の交際費や雑費を節制する必要が出てきます。

また、手取り25万円のみで家族を3人以上(自分を含む)養う場合、家賃を含めて、かなり厳しい生活になります。地方で住む方であれば、その他の費用を節約できれば、養える範囲ではあります。
ただし、一定の交際費、貯金に回したい場合は、手取り25万円のみでは厳しいといえます。

手取り25万円がもらえる仕事

手取り25万円の仕事は多岐に渡りますが、比較的就きやすい仕事を紹介します。

手取り25万円以上の目指す方はぜひご参考ください。

営業

営業の仕事は、未経験からの募集も受け入れており、尚且つ収入を高めやすい職業です。

20代営業未経験の方でも、自分の成果がわかりやすいため、成果次第で手取りをアップすることができるのです。

また、成果報酬型で給与を決めている企業もあり、成果が上がれば上がるほど、給与が上がる仕組みもあります。

ITエンジニア

ITエンジニアの仕事は、比較的スキルを身に付けやすく、中途採用市場で最も求められている職業の一つです。

年々、ITエンジニアを求める企業が増え、平均年収もどんどん高まっています。
20代で年収500万円以上をもらえる可能性もあります。

ITエンジニアのスキルは様々ありますが、HTMLやCSS、 Javascriptなどのフロントエンドエンジニアが初心者の方にはとっつきやすいです。

バックオフィス

バックオフィスの仕事は、様々なポジションがあり、どの企業でも一定数のバックオフィスの方が求められます。

仕事内容としては、総務・労務・人事・経理・財務など多岐に渡ります。

採用担当者や財務担当者などは、経験が求められますが、バックオフィスの仕事は未経験でもできる、データ入力、資料作成、人事データの整理など未経験でもできる仕事があります。

手取り25万円 or それ以上の手取りを実現する方法

手取り25万円では、住居の水準を上げたり、もっと好きなことに回したり、貯金を十分にしたりなど、使い方が限られてしまいます。二人暮らしを行う場合や家族を養う方の場合は、なおさら、余裕がなくなります。

もっと好きなことに使えるくらいの生活水準まで上げたい方や結婚を考えている方、家族を養えるようにしたい方は、転職で年収を今以上に上げることをおすすめします。

転職エージェントは、自分の望む高年収の求人や昇給しやすい求人を提案してくれたり、企業側に年収を上げる交渉も行ってくれます。手取りを上げたい方は、転職エージェントに手取りアップしてもらうようにサポートしてもらいましょう。

手取りを上げるために登録をおすすめする転職エージェントを、以下の観点で選びました。

  • 数多くの求人を取り扱っている
  • キャリアアドバイザーの専門性が高い
  • 転職成功例が非常に多く、ノウハウが豊富

具体的におすすめしたい転職エージェントは以下4社です。 登録自体は2~3分で済みます。
日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、自分にあった仕事を提案してくれるため、非常におすすめです。

誰でも使いやすい!おすすめの大手転職エージェント

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

手取り25万円以上を目指す方におすすめの転職エージェント

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】JACリクルートメントに
登録する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】キャリアカーバーに
登録する

転職エージェントを効果的に活用するためには、少なくとも2社以上の転職エージェントに登録しておいた方がいいと思います。

1社に頼ると、情報が偏るリスクがあったり、サポートの質が悪い担当者にたまたま当たってしまうことがあるからです。リクルートエージェントには必ず登録した上で、他のサービスを併用することがおすすめです。

転職が実現した後、「転職してよかった」「この選択が自分にとってベストだった」そういった転職が実現できるよう、少しでも力になれましたら幸いです。