転職エージェントがとにかくむかつく!と感じた時の対処法を徹底解説

転職エージェントがとにかくむかつく!と感じた時の対処法を徹底解説

せっかく転職エージェントに相談したのに、

  • 転職エージェントから高圧的な態度を取られた
  • 丁寧に対応してくれない
  • 内定承諾を急かされる

など、転職エージェントに対して「むかつく」と感じた方もいるのではないでしょうか。

この記事では、求職者が転職エージェントをむかつくと感じる理由を説明した上で、対処法を解説していきます。

この記事を読み終えることで、転職エージェントとうまく付き合い、転職活動でのストレスを軽減することができます。

転職エージェントのとにかくむかつく対応とは

転職エージェントを活用して、「むかつく」と思っている人は多いようです。
実際にむかつくと感じた方の口コミを見てみましょう。

  • どんだけ上から目線?転職サイトに登録するさかたヒトは、お客さんだよね?
    転職に向けて、ステップアップでフォローしてくれるのがエージェントかと思ってました。
  • なかなか強引な転職エージェントさんだったな…
    見学だけならともかく、断りきれず、見学→即面接になってしまった…
    人手不足だから、わざわざ人材紹介会社に頼る。
    お金がもらえるから必死に勤めさせようとする。
  • 転職エージェントの人、普段の会話で技術系の話で雑談できる人が周りに少ないから転職したいという話したら、あなたは普段どういう自己研鑽してるんですか、という話に強引にもっていくけど、自分の興味ある話題したいにしてももう少し丁寧にして欲しい。人の話聞かない人に転職先選択任せたくない
むかつくエージェントの代表的な例
  • 希望した求人と違う求人を提案される
  • サポートが雑
  • 高圧的な態度を取ってくる
  • 応募先・転職先の決定を急かされる
  • 電話やメールの連絡が必要以上にしつこい
  • 業界や職種の知識が十分にない
  • 希望とは異なる提案をしてくる
  • 話を全然聞いてくれない

様々な理由で転職エージェントへの不満をもたれている方がいることがわかります。
転職エージェントへむかつくと感じている方で、最も多かった転職エージェントのむかつく対応を3つご紹介します。

希望した求人と違う求人を提案される

転職エージェントは転職が決定してはじめて報酬を受け取れるため、転職しやすそうな求人を選ぶ傾向にあります。

転職が決まりやすい職種・業種の求人を紹介することで、転職成功する確率が高まるのです。

同業界・同職種への転職を希望している場合にも、求職者の能力よりも企業の採用要件の方が高い場合は、担当者は紹介しづらくなります。

未経験の分野に転職したい場合にも、企業は即戦力を求めているため、同職種への転職を薦めてくる場合があります。

サポートが雑

転職エージェントからのサポートが雑になる理由は、担当者が営業ノルマを達成するべく、転職しやすい求職者であるかどうかの優先順位をつけているからです。

転職エージェントからのサポートには、応募書類の添削や、面接対策、採用企業との調整など多岐に渡ります。

ただ中にはまともにサポートして貰えなかったり、登録したのに連絡が遅い、質問しても返信が遅い場合などがあります。

高圧的な態度を取ってくる

転職エージェントは求職者ごとに優先順位を付け、高圧的な態度をとってくる担当者がいます。

転職を1年後に考えている方や今は転職を考えていない方への対応は「キャリア相談」とみなされ、対応の優先順位が下がってしまいます。

また、直近転職したい方でも、まずは求人を提案して欲しい、自己分析のやり方だけ教えて欲しいという断片的な転職情報を得たい方ですと、転職を本格的に考えていることが伝わらず、親身に対応してくれない場合があります。

優先順位が低いとみなした候補者への対応は、転職エージェントが都合の良いように対応され、高圧的な態度に取られてしまうのです。

意思決定を急かされる

転職エージェントは、企業に応募する際や内定を承諾をする際に、決断を急かしてくる場合があります。
あなたにとって、「本当に転職すべき」であるという正当な根拠がある場合以外は、ほとんどが売上を当月中に上げることが目的になっています

応募先や転職先の決定を急かされた場合は、率直に急いでいる理由を聞いてみましょう
急いでいる理由が企業側にあるのか、転職エージェントの担当者側にあるのかがわかります。その答えに納得できない場合は待ってもらうように交渉しましょう。

ただし、企業側が「あなたを一番に採用したいが、他の候補者を待たせている」「欠員が出たので早く採用したい」と急いでいるケースは、内定を取り消されないように注意しましょう。

転職エージェントにむかつく理由

転職エージェントがむかつくと思われる裏事情には、転職エージェントのビジネスモデルが根本的に関わっています。
ビジネスモデルを理解することで、転職エージェントにむかつく方が一定数いる原因がわかります。

転職エージェントの担当者一人一人にノルマがある

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントのビジネスモデルは、転職が決定した場合に、採用企業から決定した方へ提示した年収の30~35%を転職エージェントに支払うというモデルです。

そのため、転職決定するまでの経緯は転職エージェントの売上に左右されません。そして一人一人にノルマが与えられていることで、転職エージェントの担当者は「転職しそうな人を優先的にサポートする」傾向になってしまうのです。

転職エージェントに対して「むかつく」という声として、「希望の求人とは全然違う求人を提案された」「サポートが雑」「高圧的な態度を取ってくる」という声が上がる理由が納得できると思います。

求職者からは企業が募集している求人を全て閲覧できない

求職者に提案される求人は、あくまでも転職エージェントを介しての提案のため、他にどんな求人があるかわかりません。

そのため、担当者が求人をどんな条件でピックアップしたかを知ることができません。自分に合わない求人があったとしても、他にどんな選択肢があるかわからないため、求人の条件を間接的に要望することしかできないのです。

転職エージェントでは、自ら求人のデータベースを見て、検索することができないビジネスモデルとなっています。

転職エージェントに対して「むかつく」という声として、「希望の求人とは全然違う求人を提案された」という声が上がりやすいモデルとなっているのです。

むかつく転職エージェントへの対処法

ここからは、転職エージェントがむかつくと感じた方への対処法について解説していきます。

むかつく転職エージェントへの対処法には大きく2種類あります。

1つ目は、今の担当者でまだ改善余地が見当たりそうな場合に、転職エージェントのサポートの質を上げるために、自らの行動を変える方法です。

転職エージェントの能動的なサポートを促す方法
  • 転職意欲が高いと思ってもらう
  • 転職先の希望条件を下げる
  • 自己分析をし直す

2つ目は、今の担当者ではもうどうしようもない場合には、強制的に担当者自体を変えてしまう方法です。担当者に対して「むかつく」と感じる頻度が多く、「この担当者とは合わない」と思っている方は積極的にサポートしてくれる担当者を変更しましょう。

強制的に担当者を変更する方法
  • 担当者を変更する
  • 転職エージェントを変更する

以下にこれら5つの対処法について詳しく解説していきます。

転職エージェントとうまく付き合い、転職活動におけるストレスを軽減していきましょう。

転職意欲が高いと思ってもらう

転職エージェントの担当者に能動的にサポートしてもらうための1つ目の方法は、転職意欲の高さをアピールし、「この人は転職しそうだ」と転職エージェントに思ってもらうことです。
転職意欲が低いとみなされると、対応の優先順位を下げられます。

転職意欲の高さをアピールする方法を具体的に紹介します。

  • 転職希望時期が3ヶ月以内であることを伝える
  • 求人の提案に対する返信をマメにする
  • メールへの返信をマメにする
  • 選考に落ちた後に、選考対策を行い続ける
  • 職務経歴書を充実させる
  • キャリア相談をマメにする
  • 気になる求人をマメに伝える
  • 希望の求人条件に変化があれば、その都度伝える

最も転職意欲をアピールする上で効果的なことは、「転職希望時期を3ヶ月以内」で伝えることです。一方で、3ヶ月以内と伝えたからにはマメに連絡を取らないと、転職意欲が低いことが伝わってしまうため、無理のない程度に転職意向を伝えましょう。

転職先の希望条件を下げる

転職エージェントの担当者に能動的にサポートしてもらうための2つ目の方法は、転職先の希望条件を見直すことです。転職エージェントから希望条件が高いと言われた方や、希望の求人を紹介してもらえない方は、転職先の条件に優先順位をつけましょう

優先順位が明確になることで、転職エージェントが提案してくれる求人の幅が広がります。全てをかなえることは難しいので、自分が最も大切にしたい軸は明確にしましょう。

また、自分が希望条件を叶えられるレベルにあるかどうかを見極めることも重要です。
自分の客観的な評価を確かめる際は、複数のエージェントからどんな転職先が候補として挙げられるかを確認してみましょう。自己認識が間違っている場合も多く、自分の市場価値を見直すことも有用な手段です。

自己分析をし直す

転職エージェントの担当者に能動的にサポートしてもらうための3つ目の方法は、自己分析を再度見直すことです。

転職エージェントからのサポートが雑であると思った方の中で、転職意欲や希望求人を十分に伝えられていない方もいますが、その原因は自己分析が不十分である可能性があります。

転職エージェントから希望の求人を紹介してもらったり、担当者のサポートの質を上げるために、初回面談前に自己分析をしておきましょう。

自己分析を行うことで、面談時のヒアリングの際に、転職エージェントの担当者が希望する求人に対する理解度が高くなり、転職意向の高さも示すことができます

自己分析をせず、以下の状態だと、転職エージェントが今後あなたの転職活動へのサポートを積極的に行ってくれない可能性が高いです。

  • 自己認知が十分でない
  • 自分の市場価値を理解していない
  • スキルの棚卸しと自分の強みを理解していない

転職エージェントから優先的にサポートしてもらえるように、自己分析は事前にやっておくことをおすすめします。

担当者を変更する

転職エージェントの担当者の「むかつく」と感じた行動が目に余る方は、別の担当者に変更してもらうことをおすすめします。

担当者の中には、「ノルマを達成するため」「転職しやすい人を転職させる」といった意識が強い人がいる一方で、求職者のために親身になり、キャリア相談に乗ってくれる担当者の方もいます

今の担当者が信用できないからいって諦めず、新しい担当者に相談してみましょう。

担当者の変更には、転職エージェントのお問い合わせフォームなどから依頼可能です。

転職エージェントを変更する

担当者のみならず、転職エージェント自体が合わない方は、転職エージェント自体を変えてみましょう。

転職エージェントによって、得意な業種・職種・年収帯の求人があります

大手の転職エージェントでは希望の求人を紹介してもらえなかったけど、専門の転職エージェントはたくさんの求人を紹介してもらえることもあります。

転職活動開始時点に複数の転職エージェントに登録して、担当者が合わなかった際に、別の転職エージェントを使える準備をしておくこともおすすめです。

「むかつく」と感じにくいおすすめの転職エージェント

担当者の言動に「むかつく」と感じた方には、別の転職エージェントへの登録がおすすめです。

そこで最後に、おすすめの転職エージェントを4社紹介します。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する