転職エージェントは使わない方がいい?使わない方がいい人の条件とは!

転職エージェントは使わない方がいい?使わない方がいい人の条件とは!

転職活動を始める場合やこれまで転職活動を行ってきた方の中には、

  • 転職エージェントを使わない方がメリットが多い?
  • 逆に使わないことのデメリットはある?
  • 転職エージェントを使わない方がいい人っているの?

といった疑問やお悩みを解決できる記事になっています。

この記事では、転職エージェントを使わないことによるメリット・デメリットを紹介し、転職エージェントを使わない方がいい人の条件を解説します。

この記事を読み終えることで、自分が転職エージェントを使うべきかどうか判断できるようになり、転職エージェントを活用する方は目的意識を持って活用することができるようになります。

転職エージェントは使わない方がいい?

転職エージェントを使わなくても転職することができます。
転職できる可能性を高める手段として、転職エージェントは非常に役に立ちます。転職活動を効率的に進めたい、希望の求人が他の転職サイトでは見つけられない、といったニーズを解決してくれます。

ただし、転職エージェントを使えば、転職することはできますが、現状に合わせた転職活動を行えるか・理想の転職を実現できるかといった観点で考えると、転職エージェントを使わない方がいい場合があります。

そこで、自分が転職エージェントを使わない方がいいのか、使った方がいいのかを判断した上で、今後の転職活動をどのように進めるか参考にしてみてください。

転職エージェントを使わない方がいい人の条件

転職エージェントを使うべきかどうかを考える際に重要な点は3つです。

これら全てに「YES」と答える人は転職エージェントを使わない方がいいといえます。

  • 自分が多くの求人の選択肢から選びたい?
    「YES」の場合:「気になる求人を幅広く探したい人」
  • 転職エージェントから急かされたくない?
    「YES」の場合:「転職活動を自分のペースで進めたい人」
  • 転職エージェントの言いなりになりたくない?
    「YES」の場合:「転職エージェントに依存したくない人」

3つの条件に当てはまるかどうかを考えながら、各条件についてご覧ください。

気になる求人を幅広く探したい人

まだ求人の選択肢が絞り込めてない方や多くの選択肢から納得して求人を決めたい方などは、転職エージェントを使わずに転職活動することをおすすめします。

求職者に提案される求人は、あくまでも転職エージェントを介しての提案のため、他にどんな求人・どんな企業があるかわかりません

そのため、担当者が求人をどんな条件でピックアップしたかを知ることができません。自分に合わない求人があったとしても、他にどんな選択肢があるかわからないため、求人の条件を間接的に要望することしかできないのです。

自ら求人のデータベースを見て、検索することができないビジネスモデルとなっています。

ただし転職エージェントを全く使わないことによるデメリットもあるため、メリット・デメリットを把握した上で、使わないかどうかの判断をしましょう。

転職活動を自分のペースで進めたい人

転職活動を自分のペースで進めたい人は、転職活動を使わないことをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、求人を数多く紹介されたり、面接をスピーディーに進められたり、内定承諾を急かされたりと、自分のペースで進められにくい場合が多いです。

転職活動を進めるペースが速い理由は、担当者1人1人にノルマが与えられていることで、「転職しそうな人を優先的にサポートする」傾向になってしまうからです。

転職先を心から納得して決めたい方は、自ら転職活動を進めることで、自分のペースで転職活動することができます。

転職エージェントに依存したくない人

転職エージェントから細かく指図されたくない方や転職活動を自信を持って進められる方は、転職エージェントを使わないことをおすすめします。

転職エージェントは転職活動に関する全面的なサポートをしてくれることがメリットですが、求職者ごとに対応の優先順位を付けられる場合があります。担当者が営業ノルマを達成するべく、転職しやすい求職者であるかどうかの優先順位を付けられてしまうのです。

優先順位が低いと捉えられてしまうと、連絡が遅くなったり、簡単なキャリア相談にも乗ってくれなかったりするなど、不利益を被る場合があります。

直近転職する意向が薄い方や、未経験の方、年収が低い方などに対しては、転職エージェントによっては、親身に対応してくれない場合があります。

転職エージェントに手厚いサポートを受けるには、自分から転職したい意欲を伝えたり、連絡をまめに取る必要があるため、転職エージェントに依存したくない方は、使わないことも一つの選択肢です。

転職エージェントを使わないデメリット

転職エージェントを使わないことによるデメリットを5つご紹介します。
転職エージェントに登録することで、求人の提案や面接対策、企業との調整、細かい手続きなど、転職活動全般のサポーを受けられます。

転職エージェントを使わないかどうかの判断は、以下に説明する5つのニーズを自分が抱えているかどうかを考えた上で判断しましょう。

非公開求人に出会うことができなくなる

企業が募集している求人には公開求人と非公開求人の2種類があります。

転職サイト等に掲載されている求人掲載数は、全ての求人の約2割、非公開求人は8割と言われています。

非公開求人に応募するには、転職エージェントを経由して紹介してもらうしかありません。

転職エージェントを使用せずに、非公開求人に出会いたい場合は、スカウトサービスを活用しましょう。スカウトサービスについては後ほど詳細を説明します。

非公開求人を企業が募集する理由は、大企業の採用工数を少なくしたり、事業上必要な即戦力人材を採用するためです。非公開でしか出会えない大手企業の求人や希少な求人に出会うことができるのです。

転職活動に多くの手間がかかる

現職で働きながら転職活動を進めたい方など、手間をかけたくない方や効率的に転職活動を進めたい方には転職エージェントを利用することをおすすめします。

自分で転職活動を進めるために全てを担うとなると、求人情報の検索や職務経歴書の作成、面接対策、年収交渉等、転職活動では多くの手間が発生します。

転職エージェントからのサポートは無料でもあり、手間を削減できるメリットもあるため、費用対効果が良いサービスといえます。

選考対策を受けられない

転職エージェントを使わないデメリットは、選考通過率が下がる点です。

転職エージェントは豊富な転職ノウハウと転職エージェントしか持ち得ない企業情報を活用して、求職者の選考対策を行ってくれます。

選考対策を行ってくれる上で、提供してくれる貴重な情報があります。

  • 求人の人材要件
  • 職務経歴書でアピールすべきこと
  • 面接後の企業からの印象
  • 次回の面接でアピールすべきこと
  • 企業の内部事情

転職エージェントでは求職者のスキルや適性を考慮した上で、求人の人材要件に沿った書類選考対策・面接対策を実施してくれるため、求職者は合格の可能性を高めることができます。

企業は転職エージェントに採用を依頼している背景があるため、面接後に求職者にどんな印象をいただいているかもフィードバックしてくれます。面接での改善点が明確なため、打ち手が打ちやすいのです。

さらに転職エージェントを使う強みは、企業の内情について詳しいことです。
理想の転職を実現するには、企業の内情を知ることが必須になります。
企業の直近の成長具合いや組織のネガティブ、働き方、社員の印象など、入社してみないとわからないこともわかっている場合があります。企業の内情を知ることで、入社後後悔することがなくなります。

担当者から企業にアピールしてくれなくなる

選考通過率を高める意味で、転職エージェントを使わないデメリットが生じます。

転職エージェントを介すると、面接終了後に企業からのフィードバックを受けます。その際に、企業から候補者に対する懸念点がヒアリングされるのです。

そのヒアリングを通じて、担当者は候補者の懸念点を払拭し、合格するようにサポートしてくれます。

転職エージェントを活用していないと、「面接であれを伝えればよかった」「緊張して十分にアピールできなかった」などの点を、後から払拭できないため、選考通過率が下がります。

転職エージェントを使うことで、面接の失敗を巻き返してくれるメリットがあります。

年収交渉しにくい

年収を上げたい場合に、転職エージェントを使わないことで、自ら年収交渉をしなければならなくなります

年収交渉は自ら行うこともできますが、非常にやりづらいです。
自分で年収交渉を実施するとなると、交渉ごとに慣れていれば別ですが、企業側から直接「年収を上げることが難しい」と説得されやすかったりと、交渉の主導権を握りづらいです。

転職エージェント経由であれば、第三者を介するので、年収交渉に必要な要素を整理してくれたり、交渉の主導権を握ってくれます

転職エージェントを使うことで、年収を最大限上げることができるのです。

転職エージェントを使わずに転職する方法

「転職エージェントを使わなくてもいいのでは」と思った方に、転職エージェントを使わずに転職する方法を3つご紹介します。

転職サイトを利用する

転職サイトを活用することで、数万件の求人を閲覧、応募することができます。

転職エージェントと比べた際のメリットは自分が探したいように求人検索が可能であることです。
転職エージェントでは、どのように求人を探したが分かりませんが、転職サイトでは求人を自由に閲覧可能です。

デメリットは、転職活動に時間がかかることと選考通過率が低くなることです。
膨大な求人から選ばなければならず、応募したとして書類選考で落とされる可能性があります。

転職サイトだけでは転職はうまくいかない場合も多く、転職サイトと転職エージェントを併用することで、互いのメリデメを補完し合うことがおすすめです。

スカウトサービスを利用する

データベースに登録中のヘッドハンターや企業から、求人案件を紹介してもらうサービスです。

転職エージェントへの登録と比べると、数多くのヘッドハンターからスカウト(求人紹介)をもらえるため、転職サイトと転職エージェントのいいとこ取りをしたサービスといえます。
一つの転職エージェントだけでは出会えない希少な求人を持っているヘッドハンターや企業からスカウトをもらえるため、これまで出会えなかった求人に出会える可能性があります

転職エージェントからスカウトをもらって転職活動できたり、求人のデータベースを直接みて転職活動できる両方のメリットがあるのです。

信頼できるスカウトサービスは『キャリアカーバー』です。気になる方はぜひ登録してみてください。

企業の採用ページから直接応募する

応募したい企業が明確な場合は、採用ページから直接応募しましょう。

下記のような求人は通年採用をしていることが多いため、企業のページを見てみましょう。

最近は転職サイトや転職エージェントに採用を依頼している場合が多いため、採用ページではあまり求人を募集していないこともあります。

ただし、通年採用している求人や事業上採用が急募の求人などは、積極的に募集されています。

ハローワークを利用する

ハローワークも転職サイトと同じ仕組みで、自分で気になる求人を自由に検索できます。

未経験OKな案件なども多く存在し、掲載されている求人数は膨大です。

ハローワークは転職サイトと異なる種類の求人が掲載されています。

求人の種類としては、地域密着の傾向も強いので自宅周辺で勤務地を探したい方や、地方での転職先を探されている方が活用することをおすすめします。

使ったことがない方におすすめの転職エージェント

また、もし転職エージェントを一度使ってみたいと思った方には、転職エージェントからのサポートを体験してみてください。

そこで最後に、おすすめの転職エージェントを4社紹介します。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する