転職エージェントの利用の流れは5ステップ!効果的な活用法も解説

転職エージェントの利用の流れは5ステップ!効果的な活用法も解説

転職エージェントの活用を検討している方や転職エージェントを活用し始めた方で、

  • どんな流れで進んでいくの?
  • どのように使いこなせばいいの?

と転職エージェントの活用の流れについて、疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、転職エージェントを利用する流れと効果的に活用する方法を解説していきます。

利用する流れがわかれば、転職エージェントとの転職活動をスムーズに進めることができるようになります。
転職エージェントをより効果的に活用できるようになりましょう。

転職エージェントの利用の流れは5ステップ

転職エージェントとの転職活動の流れは大きく5つのステップで説明することができます。

この5つのステップを理解すれば、各ステップでどのように対応すればいいかがわかるようになります。

流れの詳細を説明するとともに、各ステップで効果的な活用法を理解することで、転職エージェントを存分に使い倒せるようにしていきましょう。

転職エージェントの利用の流れ
  • 転職エージェントの流れ1. 『転職エージェントに登録』
  • 転職エージェントの流れ2. 『面談でのキャリアカウンセリング』
  • 転職エージェントの流れ3. 『求人の提案』
  • 転職エージェントの流れ4. 『求人への応募・選考』
  • 転職エージェントの流れ5. 『内定・年収交渉』
転職エージェントの効果的な活用法
  • 効果的な活用法①:職務経歴書を面談前に記載する
  • 効果的な活用法②:本音を伝える
  • 効果的な活用法③:求人の希望条件を共有する
  • 効果的な活用法④:書類選考・面接対策をしてもらう
  • 効果的な活用法⑤:年収交渉を積極的に依頼する

転職エージェントの流れ1. 『転職エージェントに登録』

まずは転職エージェントに登録していきます。
転職エージェントで登録する際に、必要な入力は3つです。

  • 個人プロフィール
  • 職務経歴
  • 転職先に求める希望条件

プロフィールや希望条件は、基本情報や率直な転職先に求めることを入力すれば問題ありません。

職務経歴書を記載する重要性については、次に後述します。

効果的な活用法①:職務経歴書を面談前に記載する

職務経歴書は、キャリアアドバイザーとの面談前にしっかりと記載していくことをおすすめします

職務経歴書を事前に提出する理由は、自分に合った求人を紹介してもらうことと、転職への熱意をアピールするためです。

職務経歴書がないと、キャリアアドバイザーは希望の求人を紹介しにくくなります。

面談当日は担当者から仕事内容についてヒアリングされますが、職務経歴書を持参することで、詳細な仕事内容や希望する仕事についてのすり合わせができます。

職務経歴書の提出により、同時に担当者のモチベーションを上げることができます

転職エージェントは、転職しやすい求職者や転職を真剣に考えている求職者を優先的に対応する傾向があります。

転職エージェントの担当者に能動的にサポートしてもらうためにも、職務経歴書を充実させ、「この人はいずれ転職しそうだ」と転職エージェントに思ってもらうようにしましょう。

転職エージェントの流れ2. 『面談でのキャリアカウンセリング』

登録後はキャリアアドバイザーとの面談で、キャリアカウンセリングが行われます。

キャリアカウンセリングは、求職者の職歴や転職の希望条件をヒアリングした上で、転職先の目星を付けることをいいます。

面談での大まかな流れから説明します。

面談の流れ
  1. 自己紹介
  2. これまでの経歴・仕事内容の確認
  3. 転職理由や目指すキャリアのヒアリング
  4. 転職の希望条件のヒアリング
  5. 求人案件の紹介

キャリアカウンセリングを通して、転職先の選択肢を広げることができ、自分が望んでいた条件以上の求人を提案してもらえる可能性があります。

求人案件をすぐに紹介してもらえることもあれば、キャリア全般の話を重点的に行う場合もあります。

希望のサポートを受けるには、キャリアドバイザーに本音を伝えることが重要になってきます。

効果的な活用法②:本音を伝える

転職エージェントとの面談では、本音を伝えることを意識しましょう。

面談で本音を伝えることで、以下のメリットが生まれます。

  • 希望の求人を紹介してもらえる
  • 適切なサポートをしてもらえる

転職エージェントは、求職者の方々がサポートに満足してもらえるように、求職者が「何を望んでいるか」を気にしています。

転職先に求める率直な希望条件がなければ、自身が望む求人を提案してくれません。内定したとしても、入社後に後悔する可能性もあります。

また、転職エージェントのキャリアアドバイザーに転職活動で求めたいサポートをはっきりと伝えることが重要です。
「職務経歴書のアピールポイントを相談したい」「選考対策は丁寧にして欲しい」「連絡は◯時〜◯時までにして欲しい」など、転職活動で心配な点は相談してみましょう

アドバイザーは本音を伝えたからといって、嫌なことはありません。むしろ、どのようにサポートしていくのがベストなのかを考えた上で、サポートしてくれるようになります。

転職エージェントの流れ3. 『求人の提案』

キャリアアドバイザーは職務経歴書と面談のヒアリングをもとに、求人を提案してくれます。

大手の転職エージェントであれば、希望条件に沿って、数十件提案してくれます。

ただし、ニッチな業界や職種を希望する方や未経験歓迎の求人を希望する場合、提案してくれる求人が少ない場合もあります。

提案される求人があまりにも少ない場合は、希望条件を広げてみたり、違う転職エージェントを活用することもおすすめします。

転職エージェントごとに独占求人を抱えているところもあるため、複数の転職エージェントを活用することがおすすめです。

効果的な活用法③:求人の希望条件を共有する

転職エージェントから希望の求人を紹介してもらえるように、希望する企業や業界、職種、年収、働き方など、転職で実現したいポイントを整理しておきましょう。

その情報をもとに、希望の条件をさらに深くすり合わせることができ、面談後に希望の求人を提案してくれます

キャリアアドバイザーとの面談時に一度希望条件を伝えたとしても、希望条件の情報が不十分な場合や優先順位が明確でない場合などがあります。

その場合は、はっきりと希望と異なる部分・希望に沿っている部分の両方を伝えましょう。

求人の希望条件は、求人を見てみないと、明確にわかりきっていない場合がほとんどです。何度か希望条件を伝えて、すり合わせていくことが重要です。

転職エージェントの流れ4. 『求人への応募・選考』

希望条件に合う求人が見つかったら、いよいよ選考のフェーズです。

まず求人へ応募する際は、自ら職務経歴書を作成し、転職エージェントを通じて、応募企業へ応募するといった流れです。
転職エージェントから企業へ職務経歴書を提出する際、「推薦状」を送ってくれるため、書類選考の通過率が格段に上がります

面接対策も行ってくれ、求職者に貴重な情報を提供してくれます。以下のような情報です。

  • 面接時に出てくる方の役職
  • 面接で質問されること
  • 面接時にアピールすべきこと
  • 企業の内部事情

転職エージェントでは求職者のスキルや適性を考慮した上で、求人の人材要件に沿った書類選考対策・面接対策を実施してくれるため、求職者は合格の可能性を高めることができます。

効果的な活用法④:書類選考・面接対策をしてもらう

書類選考対策や面接対策は、キャリアアドバイザーに依頼しないと実施してくれない場合もあります。

選考が通過できるか心配な場合は、積極的に選考対策してもらうことがおすすめです。

書類選考対策では、求人の人材要件を考慮した上で、職務経歴書でアピールすべきポイントをアドバイスしてくれます。

面接対策では過去の選考情報を提供してくれるとともに、面接後に「企業が候補者にどんな印象を抱いたか」のフィードバックをもらえます

転職エージェントを介すると、企業側に候補者に対する懸念点がヒアリングしてもらえることが大きなメリットです。フィードバックがもらえると、面接での改善点が明確なため、打ち手が打ちやすくなります

そのヒアリングを通じて、担当者は候補者の懸念点を払拭できるように、内定までサポートしてくれます。

転職エージェントを活用していないと、「面接であれを伝えればよかった」「緊張して十分にアピールできなかった」などの点を、後から払拭できないため、選考通過率が下がります。

企業からのフィードバックを詳細にもらうことで、面接の失敗を巻き返すような使い方をしましょう。

転職エージェントの流れ5. 『内定・年収交渉・入社フォロー』

内定が出た後も、キャリアアドバイザーから様々なフォローを受けることができます。
代表的なサポートを以下に紹介します。

  • 年収交渉
  • 退職のサポート
  • 企業・求職者間の入社手続き

無事内定しても、入社までにいくつかのハードルが存在します。

一つ目は、雇用条件が希望とギャップがある場合です。その場合、転職エージェントは希望条件に合うように企業側に交渉してくれます

二つ目は、現職から退職しないように引き止めに合っている場合です。その場合は、どのように現職の上司に振舞うべきか、どのように申し出をするべきかの相談に乗ってくれます。

三つ目は、入社日が求職者の希望と合わない場合です。現職での退職交渉が難航している場合に、企業側から内定取り消しや不信感をもたれないように、入社日を伸ばしてくれます。

効果的な活用法⑤:年収交渉を積極的に依頼する

年収交渉は自ら行うこともできますが、非常にやりづらいです。

自分で年収交渉を実施するとなると、交渉ごとに慣れていれば別ですが、企業側から直接「年収を上げることが難しい」と説得されやすかったりと、交渉の主導権を握りづらいです。

転職エージェント経由であれば、第三者を介するので、年収交渉に必要な要素を整理してくれたり、交渉の主導権を握ってくれます

年収が上がれば、転職エージェントにメリットがあるため積極的に行ってくれますが、一方で企業側は採用コストがかかります。

そのため、年収が事前の希望額よりも低くても、企業側との信頼関係を保つために、転職エージェントが積極的に交渉してくれない場合もあります。
その場合は、あらためて、希望年収で転職したい旨をはっきり伝え、企業側に年収をあげられないか交渉してもらうことが重要です

おすすめの転職エージェント4選

転職エージェントを使ってみたいと思った方やあらためて評判の良い転職エージェントを探したいと思った方は、転職エージェントに登録してみましょう。

転職エージェントを効果的に活用するためには、複数の転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントからのサポートの充実度はアドバイザーの質によって決まり、たまたま質の悪いアドバイザーに当たってしまうことがあるからです。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、信頼できるアドバイザーと出会える確率が上がるのです。

転職エージェント選びで失敗しないように、以下の2つのポイントには気を付けましょう。

  • 求人数が多いか
  • 専門性の高いアドバイザーが多いか

上記の2つの条件にあてはまる、おすすめの転職エージェントを4つご紹介します。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する