転職エージェントの裏事情を大公開!報酬の仕組みをわかりやすく解説

転職エージェントの裏事情を大公開!報酬の仕組みをわかりやすく解説

転職エージェントを活用している方や活用し始めようか検討している方には、

  • 転職エージェントを無料で使えるのはなぜ?
  • 採用企業から転職エージェントにどれくらいの報酬を払っているの?
  • 転職エージェントには何か裏事情があるの?

といった疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、転職エージェントの成功報酬の仕組みや転職エージェントの裏事情を解説していきます。

転職エージェントの裏事情を理解することで、転職エージェントを活用する上で気を付けるポイントがわかります。転職エージェントについて理解し、転職活動に生かしていきましょう。

転職エージェントの成功報酬の仕組み

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントのビジネスモデルは、転職が決定した場合に、採用企業から決定した方へ提示した年収の30~35%を転職エージェントに支払うというモデルです。

例えば、年収の30%を成果報酬として支払う契約だとすると、年収500万円で入社が確定した場合、150万円を転職エージェントに支払うようなイメージです。

成功報酬の仕組みについて理解を深める上で、以下の3つについて詳しく解説していきます。

  1. 転職エージェントの成功報酬の相場
  2. 転職エージェントに報酬が支払われるタイミング
  3. 早期退職の場合、企業に報酬を返金する規定がある

転職エージェントの成功報酬の相場

転職エージェントの成功報酬の相場は、雇用条件の通知時に提示された年収に30%もしくは35%をかけた金額です。
多くの転職エージェントが30〜35%の料率です。

転職エージェントによっては20%〜25%の場合もあるようです。

「転職エージェントなぜ無料で使えるの?」とよく思われるわけは、非常に利益率が高いビジネスモデルだからです。

転職エージェントに報酬が支払われるタイミング

採用企業から転職エージェントに報酬が支払われるタイミングは、求職者が入社した月末締めの翌月末です。

求職者との接点を持ってから、転職エージェントに支払われるまでに、1年以上かかることも多いです。

転職エージェントは内定承諾までのサポートのみならず、入社のフォローまでを一貫して行います。

早期退職の場合、企業に報酬を返金する規定がある

転職エージェントへの報酬は、求職者が早期退職した場合、返金する規定となっています。

採用企業側にとってはせっかくお金と時間をかけて採用した社員に、早期で辞められてしまっては多大な不利益が発生してしまうからです。

ある転職エージェントの返金規定をご紹介します。

入社から退職するまでの期間 成果報酬(紹介手数料)に対する返金料率
1ヶ月以内 成果報酬の80%を返金
1ヶ月以降〜3ヶ月以内 成果報酬の50%を返金
3ヶ月以降〜6ヶ月以内 成果報酬の10%を返金
6ヶ月以降 返金なし

入社から退職した日が短ければ短いほど、返金の料率が高くなるような仕組みです。

企業が転職エージェントに高い報酬を支払う理由

採用企業が転職エージェントに高い報酬を支払う理由は、採用工数を減らすためです。

一人採用するまでに、書類選考から内定承諾まで3ヶ月以上かかることに加え、細かい社内調整など、多くの工数がかかります。

転職エージェントを活用することで、企業には以下のメリットが生まれます。

  • 企業の求める候補者を紹介してくれる
  • 非公開求人として募集できる
  • 職務経歴書にはない求職者の情報提供を行ってくれる

企業が求人に求める人材を効率的に紹介してくれることは、採用工数の削減に大きく寄与します
企業が紹介された人材を採用するべきか否か悩んだ際も、求職者へのヒアリングをもとに、採用すべきかどうかのアドバイスもしてくれます。

また、転職エージェントに掲載される求人は、他の転職サイトには公開していない非公開求人を掲載しています
非公開求人という形で掲載することで、企業が求める人材だけを紹介してもらえるようにすることで、無駄な選考を行わないようにしています。

転職エージェントの裏事情:求職者が被るデメリット

転職エージェントの報酬の仕組みにより生じている、求職者が被る転職エージェントを活用するデメリットを解説します。

転職エージェントの特性をしっかり理解することで、活用する際に気を付けるべきポイントが明確になります。

この章では、転職エージェントの3つの裏事情について詳しく解説していきます。

転職エージェントにはノルマがある

転職エージェントの担当者一人一人に営業ノルマが与えられています。

営業ノルマは、いわゆる個人の営業成績のことです。
例えば、1ヶ月に◯名の内定承諾、1ヶ月に紹介手数料(成功報酬)◯万円といったノルマが与えられています。

営業ノルマが与えられることによる、デメリットを次に説明します。

求職者ごとにサポートの優先順位を付けられる

転職エージェントの担当者は営業ノルマを達成するために、転職しやすい求職者であるかどうかの優先順位をつけようとします

直近転職する意向が薄い方や、未経験業界・職種への転職を希望する方、年収が低い方などに対しては、転職エージェントによっては、親身に対応してくれない場合があるのです。

転職エージェントからのサポートには、応募書類の添削や、面接対策、採用企業との調整など多岐に渡ります。

ただ中にはまともにサポートして貰えなかったり、登録したのに連絡が遅い、質問しても返信が遅い場合などがあります。

転職エージェントに手厚いサポートを受けるために、自分から転職したい意欲を伝えたり、連絡をまめに取ってみるなどの対策は行うことができます。

意思決定を急かされる

転職エージェントは、企業の選考が進んできた場合や内定承諾のフェーズでは、決断を急かしてきます。
あなたにとって、「本当に転職すべき」であるという正当な根拠がある場合以外は、ほとんどが売上を当月中に上げることが目的になっています

応募先や転職先の決定を急かされた場合は、率直に急いでいる理由を聞いてみましょう
急いでいる理由が企業側にあるのか、転職エージェントの担当者側にあるのかがわかります。その答えに納得できない場合は待ってもらうように交渉しましょう。

ただし、企業側が「あなたを一番に採用したいが、他の候補者を待たせている」「欠員が出たので早く採用したい」と急いでいるケースは、内定を取り消されないように注意しましょう。

転職エージェントの裏事情:求職者が享受できるメリット

転職エージェントの報酬の仕組みにより生じている、求職者が享受できる転職エージェントを活用するメリットを解説します。

転職エージェントを活用するデメリットがある一方で、多くのメリットがあります。活用するメリットを存分に生かしましょう。

この章では、転職エージェントを活用する3つのメリットについて解説していきます。

全てのサポートを無料で受けられる

多くの転職エージェントがサポートを無料で受けることができます。

無料で活用できる理由は、採用企業が転職エージェントに高い報酬を支払っているからです。

転職エージェントでは以下のサポート内容をまんべんなく受けることができます。

  1. 転職相談に乗ってくれる
  2. 求人を紹介してくれる
  3. 選考対策をしてくれる
  4. 年収交渉をしてくれる

非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントでは、他の転職サイトには公開していない求人を紹介してくれます。
これまで出会えなかった求人や質の高い求人に出会える可能性が高いのです。

質の高い求人に出会える理由は、非公開求人では企業が質の高い人材のみの要件で募集しているからです。

非公開求人で募集される人材は、既存ビジネスの強化・新規ビジネスの創出を担う人材です。
既存ビジネスの強化では、事業成長を推進できる優秀な人材を求めています。
新規ビジネスの創出についても、優秀な人材のみ募集したい意図に加え、事業内容を他社に知られたくない場合も非公開としています。

非公開求人は、戦略的な採用という意図が含まれ、年収やポジションが好条件のものが多いです。

転職エージェントを活用することで、好条件の求人に出会える可能性が高いのです。

転職エージェント経由の選考通過率は高い

転職エージェントは豊富な転職ノウハウと転職エージェントしか持ち得ない企業情報を活用して、求職者の選考対策を行ってくれます

転職エージェントを活用しない場合と比べて、選考通過率が高くなります。

選考対策を行ってくれる上で、提供してくれる貴重な情報は以下のようなものです。

  • 求人の人材要件
  • 職務経歴書でアピールすべきこと
  • 面接時に出てくる方の役職
  • 面接で質問されること
  • 面接時にアピールすべきこと
  • 企業の内部事情

転職エージェントでは求職者のスキルや適性を考慮した上で、求人の人材要件に沿った書類選考対策・面接対策を実施してくれるため、求職者は合格の可能性を高めることができます。

さらに、面接後に転職エージェントから、企業が求職者にどんな印象をいただいているかフィードバックしてくれます。転職エージェントを介すると、企業が感じた候補者に対する懸念点がヒアリングされます。フィードバックがもらえると、面接での改善点が明確なため、打ち手が打ちやすくなります

そのヒアリングを通じて、担当者は候補者の懸念点を払拭できるように、内定までサポートしてくれます。

転職エージェントを活用していないと、「面接であれを伝えればよかった」「緊張して十分にアピールできなかった」などの点を、後から払拭できないため、選考通過率が下がります。

企業からのフィードバックをもらうことで、面接の失敗を巻き返すような使い方ができます。

年収交渉を積極的に行ってくれる

年収交渉は自ら行うこともできますが、非常にやりづらいです。

自分で年収交渉を実施するとなると、交渉ごとに慣れていれば別ですが、企業側から直接「年収を上げることが難しい」と説得されやすかったりと、交渉の主導権を握りづらいです。

転職エージェント経由であれば、第三者を介するので、年収交渉に必要な要素を整理してくれたり、交渉の主導権を握ってくれます

年収が上がれば、転職エージェントにメリットがあるため積極的に行ってくれますが、一方で企業側は採用コストがかかります。

そのため、年収が事前の希望額よりも低くても、企業側との信頼関係を保つために、転職エージェントが積極的に交渉してくれない場合もあります。
その場合は、あらためて、希望年収で転職したい旨をはっきり伝え、企業側に年収をあげられないか交渉してもらうことが重要です

転職エージェントを効果的に活用するポイント

転職エージェントを効果的に活用する上で最も重要なのは、複数の転職エージェントを使うことです。

転職エージェントは活用した際に、求職者が被るデメリットをいくつか紹介しました。
上記に説明したデメリットは、コンサルタントの質によって決まるため、たまたま質の悪いアドバイザーに当たってしまうことがあるのです。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、信頼できるアドバイザーと出会える確率が上がります。

信頼できるアドバイザーは、転職エージェントの質に依存するため、信頼できる転職エージェントかどうかを見極めることが重要になります。

信頼できるアドバイザーが多い、おすすめの転職エージェントをいくつか紹介しますので、登録する際の参考にしてください。

転職サイト・転職エージェントの総合ランキング

最後に「どのサービスに登録したらいいかわからない」という方に、特におすすめしたい転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。
自分に合った求人を見つけたい方や、今後転職を検討している方は、登録しておきましょう。

「登録をしない理由がない」国内最大手No.1転職エージェント
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界トップクラスの求人件数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
また、リクルートならではの独自サービスがあり、職務経歴書を簡単に作ることのできる「レジュメNavi」、企業の社風まで分かる「AGENT REPORT」とコンテンツも充実しています。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。

リクルートエージェントに
相談する

20代~30代で有名大手企業に転職するなら登録必須
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 有名大手企業との関係値の強さ
  • ワンランク上の書類・面接対策を受けられる
  • 今の職場の退職サポートあり!


◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは国内最大級の転職実績を持っており、20代や初めての転職の方はまず登録するべき転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。 また、人気の大手上場企業からベンチャー企業の人事と太いパイプを持っており、求人内容だけではわからない企業の「内部事情」や欲しい「人材像」などの把握が可能です。
そのため、ほかの面接者よりもワンランク上の志望動機の作成や面接対策を行え、希望の会社への内定率が上がる可能性が高いです。

マイナビエージェントに
相談する

高年収の方向けの転職サイト・転職エージェントのランキング

高年収の転職を実現させたい方は、高年収求人を多く扱う転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。
大手の転職サイトでは見つからない希少な求人が見つかります。

コンサルタントの質が最高峰のミドル・ハイクラス向け転職サービス
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!
  • 原則24時間以内に対応を行うサービスクオリティ
  • 転職支援実績約43万人
  • 年収600万円~2,000万円の求人多数
  • 英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策あり


◆ 編集部おすすめ ◆

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向け求人を多く取り扱う転職サービス。
国内9ヵ所、海外8ヵ国に広がる独自のグローバルネットワークにより、日系の大手優良企業や外資系企業・海外進出企業への転職支援で豊富な実績があります。 他サービスと比べるとコンサルタントの質が高いと評判で、理由として「あらゆるお問い合わせに対し、原則『24時間以内』に対応または状況報告をする」というサービスクオリティを掲げているため まず、コンサルタントの連絡や対応が遅いといった、転職以外でのストレスを感じることはないです。 一番のおすすめポイントとして英文の履歴書や職務経歴書の添削や英語での面接対策を行ってくれるため外資系企業もしくは海外に転職したい方がは必ず登録するべきサービスです。

JACリクルートメントに
相談する

リクルートが運営するハイクラス転職サービス
  • 転職決定年収平均900万円以上
  • 担当コンサルタントを自分で選べる
  • 年収1,000~2,000万の求人多数
  • 2,200名以上のヘッドハンター数
  • 登録したらスカウトを待つだけでOK


◆ 編集部おすすめ ◆

大手リクルートが運営するハイクラス向けの転職エージェントです。
新たなキャリアを形成する中で、経験豊富なヘッドハンターにあなたの経歴や特徴を診断してもらうことは転職成功への近道。ハイクラスの求人専門だからこそのコネクション力と豊富な知識、手厚いサポートであなたと企業をマッチングします。
また、無料登録してからレジュメを匿名で記入したら後はキャリアカーバーのヘッドハンターからのスカウトを待つだけなので、最後まで大事な情報を求人企業に見られることなく転職活動が行えます。自分では探せなかった、意外な企業との出会いがあるかもしれません。ハイクラス求人なら必ず登録すべき転職サイトです。

キャリアカーバーに
相談する