総合商社から転職・総合商社への転職で後悔する各理由と対策を解説!

総合商社から転職・総合商社への転職で後悔する各理由と対策を解説!

  • 総合商社からの転職は後悔しやすい?
  • 総合商社への転職は後悔しやすい?

といった疑問をお持ちではありませんか。

この記事では、総合商社から転職した方・総合商社へ転職したの評判をもとに、転職後に後悔するパターンや後悔しない秘訣を解説していきます。

後悔するパターンを理解しておくことで、転職前に注意すべき点が一通りわかります。

総合商社からの転職・総合商社への転職における良い部分も悪い部分も理解していきましょう。

​​

転職検討中・未検討の方も「リクルートエージェント」がおすすめ
  • 現職に少しでも不満をお持ちの方
  • 転職を検討していて、幅広い求人をお探しの方
  • 自分が転職市場でどのように評価されるか気になる方

いずれかに当てはまる方におすすめしたい転職サービスが、転職実績NO.1のリクルートエージェントです。
筆者が、大手や中小の転職サービスを10個ほど活用し、比較した中で、最も信頼できるサービスでした。

転職を検討中の方には、業界NO.1の求人数から自分に合った求人が見つかる可能性が高いです。まだ転職を考えていない方も、転職エージェントに相談することで自分の市場価値を知ることができるサービスです。

リクルートエージェント
  • 大手企業の非公開求人が多数。求人数が業界No.1
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!

詳しくはこちら

スマホで簡単!3分以内で無料登録!/

総合商社からの転職で後悔する理由は?

総合商社から転職した方の声をもとに、総合商社から転職する際に、後悔しやすいパターンを解説します。

  1. 総合商社での年収から下がる
  2. 不安定な環境に苦労する
  3. 優秀な社員と仕事ができなくなる
  4. 価値観が合わない社員が多いと感じる

自身が後悔しないかどうかを考えながら、確認していきましょう。

総合商社での年収から下がる

総合商社からの転職で、最も後悔しやすい理由の一つが年収ダウンです。

大手総合商社の平均年収は1,300万円程度であり、いずれの企業も1,200万円は超えるような年収です。

20代で800万円程度、30代で1,000万円程度の年収であるため、他の企業と比較して非常に高い年収となっています。

総合商社からの転職では、年収が下がることが多々あり、年収をアップさせることは至難の技です。

不安定な環境に苦労する

総合商社のビジネスは非常に安定しており、売上・利益の急な低下、給与の急激な低下などはあまり起こり得ません。

総合商社は丸紅、三菱商事、伊藤忠、三井物産、住友商事、双日の7社となっています。この7社が商社ビジネスを牽引しており、競合他社が多くありません。

ベンチャー企業や市場の影響を受けやすい業界は不安定なことが多く、総合商社ほどの安定した経営基盤はあまりありません。

優秀な社員と仕事ができなくなる

総合商社は新卒文化であり、優秀な大学から採用された社員が多くを占めます。

東京大学や一橋大学、慶應大学、早稲田大学など、名だたる大学の社員がいるため、刺激的な環境で成長することができます。

ベンチャー企業や日系大手企業へ転職すると、優秀な社員はいるものの、全員がそうではないため、後悔する可能性があります。

総合商社の社員は日系企業の中でも、優秀な社員が在籍している会社であることを認識しておきましょう。

価値観が合わない社員が多いと感じる

総合商社には、自分のビジョンを叶えるために、自分の意思で行動し続ける社員が多いです。

総合商社から転職すると、ビジョンや熱意、主体的に行動する意思を持っている社員が少ないと後悔するかもしれません。

もしくは、転職先の社員と自分の意思との温度差を感じ、ネガティブな影響を受けかねません。

総合商社の社員は、強い目的を持って働く集団であることを認識しておきましょう。

総合商社から転職してよかった理由は?

総合商社から転職して後悔する方もいれば、「他社に転職してよかった」という方もいるでしょう。

そこで、総合商社から転職してよかった理由を3つご紹介します。

  1. スキルを存分に生かせる
  2. 自社の事業に専念できる
  3. 働き方が安定する

総合商社で得た経験を生かせる転職先は、豊富にあります。
営業やファイナンス、事業経営など多岐にわたる経験があるため、ベンチャー企業から大手企業まで幅広い企業が求めている人材です。

また、総合商社では若い内に様々な仕事に携われる一方で、投資先の事業に出向という形で携わる機会が多いです。
事業を推進するやりがいを求めている方は、出向よりも、自社の事業に専念する選択肢を選ぶ方が多いです。

総合商社は売上や給与が安定していますが、ワークライフバランスを保ちにくい部分もあります。
海外出張や転勤があるため、転職することで働き方が本社勤務やリモートワーク勤務になり、安定するパターンも多いです。

総合商社から人気の転職先は?

総合商社から転職する方は、総合商社でのスキル・経験を生かせる転職先や年収アップ可能な転職先を選ぶ傾向が強いです。

それらを満たす主な転職先は以下の4つです。

  1. ベンチャー企業の役員クラス
  2. コンサルティング業界
  3. 大手企業の経営企画
  4. 投資銀行や証券会社などの金融業界

それぞれの転職先の特徴と向いている人について詳しく解説していきます。

ベンチャー企業の役員クラス

総合商社から年収を下げてでも、転職する方が多いのがベンチャー・スタートアップ企業です。

ベンチャー企業はより即戦力の人材を求めており、総合商社で培った事業投資や経営企画力を生かすことができます。

ベンチャー企業への転職は年収が下がることが多いですが、総合商社なら役員以上での転職も可能です。

自身のスキルを事業立ち上げのフェーズで生かせるか試してみたい方や自分のビジョンを叶えたい方におすすめの転職先です。

コンサルティング業界

総合商社から年収を上げて転職する方が多いのが、コンサルティング業界です。

総合商社での営業力や英会話力を生かすことができ、外資系のコンサルティングファームへの転職がおすすめです。

ロジカルに課題解決を行いたい方や企業の経営課題に向き合いたい方には向いています。

大手企業の経営企画

総合商社での事業投資や経営企画としての経験を生かせるのが、経営企画です。

経営企画には、実際に投資した経験や経営側で従事した経験が求められます。

総合商社の社員は、投資先に役員として出向する経験など、他ではできない経験をお持ちです。

事業を自身の力で描いていきたい方にはおすすめの転職先です。

投資銀行や証券会社などの金融業界

総合商社での投資経験を生かせる転職先が、金融業界です。

総合商社では、若くして事業投資を経験する方は多くはないですが、投資の専門家になりたい方は、投資銀行へ転職する方が多いです。

英語力を生かして、外資系の投資銀行、証券会社へ転職することも可能です。

金融への興味が強い方や金融の専門性を高めたい方は向いています。

総合商社からの転職で後悔しない秘訣とは?

総合商社からの転職で後悔しないように、実施できる対策を3つご紹介します。

  1. 年収アップの交渉を行う
  2. 環境に適応できるか転職前に確認する
  3. 転職エージェントを上手く活用する

年収の低下、そして転職先の環境への不安について、しっかり考えることが大切です。

自身で考えても払拭できない方には、転職エージェントを上手く活用しましょう。

具体的に実施すべき対策を解説していきます。

年収アップの交渉を行う

年収交渉を行うタイミングは、企業側から正式に条件提示を受けたときです。
条件提示は、内定時もしくは内定後に受ける形となります。
条件提示を受けた際、交渉の進め方としては、2つのポイントで交渉するとよいでしょう。

  • 現状の生活(住居、世帯人数など)について率直に伝える
  • 他社で高い条件提示をもらった場合、その条件を伝える

内定をもらった会社の条件が現在の生活レベルに見合わないような条件の場合、企業側は寄り添ってくれる可能性が高くなります。

また、他社からの条件提示の方が高い場合も、年収のダウンを避けられる材料の1つとなります。

環境に適応できるか転職前に確認する

総合商社から転職する方は、転職先の環境の変化に戸惑いを感じる場合があります。

超大手企業の総合商社に比べると、業績や待遇の安定性や働く社員の優秀さや価値観の違いがあるためです。

転職先で働く上司をはじめ、環境に適応できるか納得できるまで、面談を実施してもらいましょう。

候補者の懸念を払拭できるように面談を実施してくれる採用企業が多くなっていますが、面接だけ行う企業もまだまだ多いため、自ら面談頂けるように働きかけることが重要です。

転職エージェントを上手く活用する

総合商社から転職する際に、自分だけでは転職活動に不安があるという方は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは、年収アップや転職先への懸念を払拭してくれます。
採用企業に対して、自分だけでは相談しづらいことも、第三者である転職エージェントを通すことで、納得して転職しやすくなります。

筆者が最もおすすめする転職エージェントは、リクルートエージェントです。日本一の転職実績があり、サポートの満足度も高いことで有名です。

転職エージェントを活用することで、総合商社からの転職で後悔しないように、しっかりとサポートしてもらいましょう。

総合商社への転職で後悔する理由は?

次に、口コミサイトの Openworkをもとに、総合商社へ転職する際に、後悔しやすいパターンを解説します。

  1. 精神・肉体面でもハードな働き方
  2. 若手は下積みが必要
  3. 転勤や出張が多い

自身が後悔しないかどうかを考えながら、確認していきましょう。

精神・肉体面でもハードな働き方

精神的にも肉体的にもきつい事も多かったが、チャレンジする機会を与えてもらい、成功も失敗も体験する中で、自分も磨かれてきたと感じている。
(営業・男性)

総合商社の働き方は、いまだ遅くまで残業する部署もあるようです。

ただし、ここ最近は20時退社が制度で決められており、ワークライフバランスは非常に改善しています。

朝方勤務が推奨されており、効率的な働き方に変わってきています。

自分が配属される部署でも20時退社が浸透しているのかは確認が必要でしょう。

若手は下積みが必要

若手は下積みが大切で、そこに意味を求めすぎると理想と現実のギャップに悩まされる。
(営業・男性)

海外勤務や事業投資に配属希望の方は多いですが、実情は配属され得る若手は少ないです。

20代の内は下積みの時期と位置付けられています。

ただし、5年目を過ぎると、海外営業・マーケティング・ファイナンス・事業投資・事業経営などのいずれかに携わることができ、プロフェッショナルを目指すことができます。

自身が総合商社でどんな仕事をできるのか確認しておきましょう。

転勤や出張が多い

転勤や出張などが多いためプライベートにも影響を及ぼすということころです。割と突然転勤が決まったりするので周りの人たちにも理解頂く事が必要です。
(営業・男性)

海外駐在を希望して入社する人が多い一方、転勤や出張を嫌う方もいるでしょう。

海外とのやりとりが多い部署だと、海外出張が頻繁にあります。

海外駐在の場合は、そのまま転勤して、家族と離れて暮らすなんてこともあるでしょう。

入社後に転勤や出張があるのか、事前に確認しておきましょう。

総合商社へ転職してよかった理由は?

総合商社へ転職して後悔する方もいれば、「総合商社でよかった」という方もいるでしょう。

実際に転職してよかったという声をもとに、転職してよかった理由を解説します。

総合商社へ転職する理由は以下の3つです。

  1. 若手の内から高年収
  2. 最近はワークライフバランスが安定
  3. 様々な仕事が経験できる

総合商社は、給与の高さ・休暇の自由度の高さ・成長角度の高さのいずれも得ることができます。

働き方は数年前から大きく改善され、年収も他の日系企業の中ではトップクラスの年収を誇ります。

営業から経営まであらゆるレベルの仕事に携わることができることも、転職先として人気な理由です。

総合商社への転職で後悔しない秘訣とは?

総合商社へ転職する際に後悔しやすいパターンは分かったけど、どう転職活動したらいいかわからないという方もいるでしょう。

総合商社への転職で後悔する原因の多くは、「入社前に懸念点を払拭できてない」ことです。

懸念点を払拭するためには、以下の3つが効果的です。

  1. 採用企業との面談を複数回行う
  2. OBや知り合いを通じて、総合商社の社員に会う
  3. 転職エージェントに相談する

採用企業との面談を複数回行う

懸念を払拭するために、最も多くの方が行っているのが、選考中に社員との面談を行うことです。

選考中の面談は最も実施しやすいですが、面談で会える社員は、採用企業が手配した人のみになります。

そのため、採用企業のネガティブな面には一切言及しない場合も多く、聞きたいことが聞けない場合があります。

採用企業との面談では、事前に具体的な質問を用意しておくことで、知りたいことが聞ける可能性が高くなります。

OBや知り合いを通じて、総合商社の社員に会う

少し手間になりますが、採用企業の良いところも悪いところも聞きやすいのが、OBや知り合いを通じて社員に会うことです。

会える人は、採用とは関係ないため、自分が聞きたいことを素直に聞けるのです。

OBや知り合いを通じて社員を紹介してもらうのが、入社前に懸念点を払拭する上で、最もおすすめな方法です。

一方で、紹介してくれるOBや知り合いがいないという場合もあるため、実施しづらい方もいるでしょう。

大手の転職エージェントを活用する

OBや知り合いを通じて会うのが難しい方は、転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、選考中もサポートしてくれます。

転職先に懸念があった場合は、懸念を払拭するために採用企業との面談を調整してくれます。
面談社員の希望を伝えることも可能で、どんな方に会いたいかを伝えることで、自分が聞きたいことを聞ける可能性が高まります。

大手の転職エージェントは、求人サイトには載っていない優良企業や大手企業の非公開求人を多く保有しています。

転職市場で人気の高い企業でも、過去の採用実績を生かし、選考対策を行なってくれるため、転職難易度の高い企業でも転職成功する確率が高まります。

おすすめの転職エージェントを紹介するので、自分に合いそうなサービスを選んでみてください。

日本一の転職実績を持つリクルートエージェントは豊富な求人があり、人気企業への転職実績も豊富で、非常におすすめです。

【求人数業界No.1】の大手転職エージェント
  • 約3人に2人が年収UP
  • 業界最多の約30万件の求人数
  • 転職支援実績は累計45万名以上


公開求人数 非公開求人数 対象年代

112,500件

180,000件

20代〜50代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.5点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

リクルートエージェントは1977年創業40年以上の歴史を誇る転職サービスで、 業界最大級の求人数と各業界に精通したキャリアアドバイザー数を誇ります。 転職ならリクルートエージェントといっても過言ではないです。
転職活動をする人はまず最初に登録を行うサービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】リクルートエージェントに
登録する

【20代の転職】に特化した転職エージェント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 20代の求人が豊富
  • 現在「電話・オンライン」で面談実施中!


公開求人数 非公開求人数 対象年代

33,000件

33,000件

20代〜30代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

3.8点/5.0点

4.0点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

マイナビエージェントは20代や第二新卒の多くが登録している転職エージェントです。
営業職やIT系技術職といった様々な業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍し、専任制で転職者をサポートしてくれます。
20代に向けた転職サポートに長けており、20代で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】マイナビエージェントに
登録する

【20代・未経験の転職】に特化した転職エージェント
  • スキルに自信がない方におすすめのサービス
  • フリーター・既卒・第二新卒の求人が豊富
  • 未経験の転職実績が豊富


公開求人数 非公開求人数 対象年代
非公開 非公開
20代
対応エリア 提案力 サポートの充実度

全国

4.0点/5.0点

3.6点/5.0点

◆ 編集部おすすめ ◆

ハタラクティブはスキルに自信がない20代でも、転職成功する確率が他のサービスより高いです。
未経験の求人が豊富にあり、自分に合った求人を提案してくれます。
未経験で転職できるように選考対策も十分に実施してくれるため、未経験で転職を考えている方はおすすめの転職サービスです。
スマホで簡単!3分以内で登録完了!/

【無料】ハタラクティブに
登録する

まとめ

今総合商社に在籍している方も、これから総合商社への転職を考えている方も、後悔のない選択ができるように、後悔する理由をそれぞれまとめてきました。

自身が後悔しそうなパターンに当てはまらないか考えた上で、入社前にしっかりと転職先についてしっかり把握しておくことが重要です。

今不満を持っているなら、我慢して働こうとはせずに、一度転職活動することをおすすめします。不満を持ちながら働き続けて後悔することが多いからです。
転職エージェントに相談すれば、今の職場で働くべきなのか、転職するべきなのかが明確になります。

今の職場で少しでも不満を持っている方がこの記事を読んで、前向きに行動するきっかけになれば大変嬉しいです。

 

【厳選】目的別おすすめの転職エージェント6選
転職エージェント名 特長
リクルートエージェント

【求人数No.1の総合型転職エージェント】
・大手企業の非公開求人が多数。転職実績が業界No.1
・転職者の8割が利用

マイナビエージェント

【20代の転職に特化した転職エージェント】
・20代に信頼されている転職エージェントNo.1
・20代・第二新卒の求人が多数

ハタラクティブ

【20代・未経験の転職に特化した転職エージェント】
・スキルに自信がない方におすすめのサービス
・未経験・第二新卒の求人が豊富

リクルートダイレクトスカウト

【ハイクラス向け転職スカウトサービス】
・年収800万〜2000万円求人多数
・登録して、スカウトを待つだけで求人が見つかる

エンワールド・ジャパン

【外資系・グローバル企業の転職エージェント】
・外資系企業を中心に、高年収の求人が多い
・優秀なエージェントがサポート

マイナビIT AGENT

【IT・WEBエンジニア向けの転職エージェント】
・コンサルから大手SIer、メーカー、ベンダー、WEB系など、幅広い転職成功実績あり
・IT・WEBエンジニアの人気企業の求人多数